林本大プロフィール

能楽師 シテ方 観世流 準職分

公益社団法人能楽協会 会員

レッツ能実行委員会代表

昭和52年(1977年)2月5日生

佐賀県唐津市出身、大阪市大正区育ち。現在、大阪府吹田市在住。

大阪府立市岡高等学校在学時、映画部に所属。脚本・監督をつとめ制作。入賞記録あり。

関西大学にて能楽部に入部、能楽に触れる。

能楽部で能の稽古を続けるうちに能楽師の道を歩みたいと思い、平成11年(1999)故・山本眞義および山本章弘のもとに入門。10年間の内弟子修行を行う。

平成20年(2008)6月に独立。翌平成21年(2009)独立披露能を開催、《石橋》を披く(初演する)。平成28年(2016)10月30日、故山本眞義十七回忌追善能にて、俗に”能楽師の卒業論文”と称される大曲《道成寺》を披く。

「初心者にも分かりやすい能」を目指して普及活動を積極的に行っている。
 
大阪にて「和のいろは」実行委員会を結成し、他分野とのコラボによる日本文化の普及を目指す。

他にも「アゼリア大正DE能」「唐KARAコンサート」「能をYOBUKO」を企画。

来る平成30年4月30日「大の会」開催予定。
 
京都造形芸術大学非常勤講師など、小・中学校を始め、高校や大学の講師を勤め、文化教育に力を注ぐ。

佐賀県唐津市呼子町「こども能楽教室」主宰。

謡曲&仕舞教室「大聲会(だいせいかい)」主宰。大阪・奈良・佐賀などで能の謡や舞の指導を行う。

ベルギー、チュニジア、ブルガリアなどの能楽海外公演にも参加。

最終更新日:

林本大