第10回記念 春燈会

日時
会場二十五世観世左近記念 観世能楽堂(GINZA SIX地下3階)
出演演目能「鞍馬天狗」解説・地謡
料金一等席正面:10,000円 二等席正面後方:9,000円 三等席中正面:8,000円
(全席指定)

東京でご活躍の若手、武田祥照さんが、真言宗智山派僧侶の原祥壽さんと定期的に続けておられる公演が今回10回を迎えるそうです。いつもは八王子にございます福傳寺にての公演なのですが、今回は銀座の観世能楽堂にて開催されます。
「山伏」をテーマに法話・法要、そして狂言・能と盛りだくさん。私は能「鞍馬天狗」の地謡をつとめますが、その前に解説という大役をいただきました。1月初めに能meets新橋にてこの演目の解説は行いましたが、春燈会当日も解説を担当します。

最終更新日: