若手能のススメ

一般的な能の催しのチラシは、大体舞台で演じている写真を使うのが主流になっているのですが、いかがですか、今回の若手能のチラシの表紙。

「若手能」とは、40歳までの大阪の若手能楽師が中心になり、舞台研究は勿論、会の運営にいたるまで主体となり、すすめていく催しです。私もその采配に携わる「若手能委員会」の一員です。

今回は私の発案で、今まで作ったことのないようなチラシを作ってみようと思い、日頃仲良くお付合いさせていただいておりますデザイナーの大矢礼子さんに相談し、また高校の同級生で今はカメラマンとして活躍されてる福井小百合さんに撮影をお願いして今回のデザインに至りました。

いろんな側面から能の会を観ていくことが必要であり、今回のチラシはいい投石になった気がしています。「このようなチラシでなければ」という範囲を少し広げられたように感じています。

さて今回の若手能で私が能《鵜飼》の主役を勤めさせていただきます。能《鵜飼》を少しでも面白く鑑賞いただく為に、流れをお話しさせていただきます。

(1)僧たち(ワキ・ワキツレ)登場

諸国行脚の旅に出ている僧侶の一行が、甲斐の国(山梨県)石和川のほとりに到着する。

(2)宿を借りようとするが断られる

僧は日が暮れたので、その土地の者(アイ)に声を掛けるが、宿を貸せないと断られる。どうやらこの土地には、よそ者に宿を貸してはならないという決まりがあるようだ。しかしその男曰く、川岸にお堂があるので、そこでなら泊まれるだろうと。僧たちは仏法の力を頼りに泊まろうとお堂に向かう。

(3)老人(シテ)が登場

闇の夜、月も雲に隠れ、黒の世界。(真っ暗な闇の夜を想像してください!)その中を、松明(たいまつ)を片手に一人の老人が現れる。

鵜舟に灯すかがり火の 後の闇路を 如何にせん

昔、殺生をして自分の生業としている者は罪深い、卑しい事だとされていました。この曲は背景にこの罪を背負っていかなければならない人間像が描かれています。

この老人は鵜を使い、魚を獲って生活をしている。この罪深い我が身を嘆いている。しかし、

鵜使う事の面白さに 殺生をするはかなさよ

この生業が面白くてやめられない。後の世の闇のような報いが恐ろしい。高貴な雲の上の人達は月の出ない夜を嫌がるが、私は月ない夜が喜ばしい。

(4)老人と僧が言葉を交わす

老人は暗い道を松明を振り歩いていくと、僧に出会い、話しかける。僧は誰も宿を貸してくれなかった事を語ると、老人は、「この辺りではだれも貸さないだろう」と言い、自分は鵜使いだと明かす。僧は老人に、殺生などお止めなさいとすすめるが、老人は、

若年よりこの業にて身命を助かり候程に 今更止っつべうもなく候

と、昔からの職業を今更止められないと言う。

(5)僧の一人(ワキツレ)が、ふとある事を思い出す

その時一人の僧が口を開く。

「思い出しました。数年前この川下の岩落という所を通った時、このような鵜使いに出会いましたので、殺生が罪であると説教しましたら、彼は罪滅ぼしの為に一晩の宿を貸してくれました」

と話すと、それを聞いた老人がこう言う。

その鵜使いこそ空しくなりて候へ

その鵜使いは、もうこの世にはいないと。

(6)老人がその鵜使いについて物語る

老人はゆっくりと座り、(※松明を消す所作あります。)おもむろに物語る。

―――この辺りは殺生禁断の所です。しかし川下の岩落には鵜使いが多く、毎晩忍び込んでは密漁を繰り返していました。それを憎んだ土地の者たちがある夜見張っていました。そこへ、かの鵜使いが忍び込んでしまいました。狙ってた人々はばっと寄り捕まえ、彼を殺せとわめきました。鵜使いは、殺生禁断の所とは知らなかった、今回だけは助けてくれと手を合わせ泣いて懇願しましたが、助ける人もなく、簀巻きにされ川に沈められました。

と、ここまで話してから、驚く事を老人は言う。

その鵜使いの亡者にて候

なんと、この老人こそ、簀巻きにされ沈められた鵜使いの霊なのであった。

(7)鵜使いの有様を再現する

その告白に驚いた僧は、亡者を弔う代わりに、その鵜を使って業をする様子を語って聞かせてくれるよう頼む。老人は、懺悔として鵜を使う様子を見せる(※鵜之段と呼ばれる名シーンです)。

籠から鵜を取り出しで川波にばっと放す。かがり火に驚く魚を追い回し、すくい上げる楽しさ。自分が犯している罪も忘れてしまうくらい。しかし、ふと我にかえる。かがり火が燃えていても自分の影が見えない。そうだ、自分は死んだのだ。老人はまた闇夜にまた帰っていくのであった。

(8)土地の者と僧の会話

そこへ先程の土地の者が現れ、僧の質問に答えて、数年前の鵜使いが川に沈められた事件を話す。僧は、亡者の為に弔いをしようと決める。

(9)亡者を弔っていると、冥途の鬼が現れる

僧たちは川原の石を拾い上げ、一つ一つに法華経の文字を書き入れ、波間に沈めて手向けていると、冥土の鬼が現れる。そして、かの亡者は無間の地獄に落ちるはずであったが、僧を一晩泊めた功徳によって浄土の世界に送られる事となった、と報告をする。

法華は利益深き故 魔道に沈む群類を救はん為に来たりたり

法華経の功徳が全てを救う。草木、罪人に至るまで慈悲の心を起こして僧を供養することで、救われるのだと説く。

この曲は前半が非常に難しいと思います。闇の世界、それに対応するかのような罪の世界。そこに月が照らす。月は救いの光。しかし老人はその月夜を嫌う。生まれながらに持った業を背負わないといけない苦しみ。

闇夜を謡で表現しないといけません。人間の暗い部分と言いますか、哀しい面をどのように表現できるか。その暗闇の中に、ぱっと空気が変わるのが「鵜之段」。自分の罪も忘れて鵜使いに没頭していきます。
 

「若手能」
日時:2017年1月21日(土)13時開演
 ※「鵜飼」は15時過ぎの予定です。終了予定16時30分頃
於:大槻能楽堂(大阪市中央区上町)最寄駅「谷町四丁目」駅(10)(11)出口
入場券:前売券2,800円 当日券3,100円 学生券1,500円(+500円で指定席)

   
是非お越しください。「大の会」チケット申し込みフォームよりお申し込みください。

盗みも命のありてこそ

鬼の様ないかつい能面、「長霊べし見」。「べしむ」とは、口を閉じ歯を食いしばる事。長霊という能面作者が作ったのでこの名前がついています。あの上杉謙信が戦場に出る時にはこの能面を使用したとか。目に金をはめ口を閉じる事で強い表情を表します。この男こそ、伝説上の人物と言われる、大盗賊集団の頭領、熊坂長範(くまさかちょうはん)。

しかし、どことなくユーモラスと言いますか、何かに対して目をひんむいて驚いているような顔です。何に対して驚いているのか?
能《熊坂》は、大盗賊熊坂が、霊となって現れ後世の弔いを願う様子を描いた、観ていて飽きない曲です。その曲の流れを少しお話しします。

①僧と、僧
旅をしている僧(ワキ)が、美濃国を通る。夕暮れ時、辺りが薄暗くなっていく頃、一人の僧(シテ)が声を掛ける。同じ格好をした者が二人・・・能の中でも非常に珍しいシーン。どことなく異様な空気が漂う。
その僧は、旅僧に対し、

シテ「今日はさる者の命日にて候弔ひて賜り候へ」

名前は明かさないが、ある者の命日だから弔って欲しいと言う。旅僧は勿論の事と引き受けるが、誰を弔うのかと尋ねる。しかし僧は、名を明かさない。

地「回向は草木国土まで洩らさじなれば別きてその 主にと心あてなくとも さてこそ回向なれ」

仏法は草木国土に至るまで分け隔てなく救いを与えるのであるから、その主を思わなくても、回向を受けて喜ぶ者がいたならば、それこそが主である、お経をあげてほしいと重ねて頼む。

②旅の僧を自分の庵に案内する その庵の中には・・・
その怪しい僧は、自分の庵に案内する。そこで不思議な光景を目にします。僧の庵なのに、仏像は一つもなく、その代わり長刀など武器が壁一面にひっしと並んでいます。(もちろん舞台には、庵の作り物どころか、その武器すら登場しません。皆様の頭の中で庵の中の雰囲気を感じてください。)
すると、僧は語りだします。

「この僧は未だ初発心の者にて候が ご覧候如くこの辺りは 垂井青墓赤坂とて その里々は多けれども 間々の道すがら 青野が原の草高く 青墓子安の森茂れば 昼とも言わず雨の中には 山賊夜盗の盗人等 高荷を落とし里通いの 下女やハシタの者までも
うち剥ぎ取られ泣き叫ぶ さやうの時はこの僧も 例の長刀ひっさげつつ 此処をば愚僧に任せよと 呼ばわりかくればげには又・・・」

自分がまだ出家したばかりである事、この辺りは山賊などが多く出るので、人が襲われ悲鳴が聞こえたら自分も武器を持って駆けつけるのだという事・・・。
そして、「仏も煩悩を切り捨てる阿弥陀如来の称名を利剣に例え、愛染明王は弓に矢をつがえるように、仏も時には武器を持って悪魔を降伏させる。私も僧でありながら武器で盗賊に立ち向かう事は人を助けるための方便である」と物語ります。※これはシテではなく、地謡が代弁。シテは舞台中央に座ったままです。

③シテ僧が姿を消すと・・・
やがて時も過ぎ、夜も深まっていく。僧は旅僧に向かい、ここで泊まりなさい。私も寝所で休みますと姿を消す。するとどうしたことか、さっきまであったはずの庵室もすっと消えて、旅僧はなんと草むらで一晩を明かしていたのであった。

④所の者が登場
そこへ、この地に住む者(間狂言)が通りかかる。旅僧は此の者に、昔この場所で悪事を働いたような人がいたか尋ねる。男は熊坂長範の事を話す。盗賊の大集団の大将だったが、都の商人三条吉次一行を襲撃した際、その中にいた牛若丸によって返り討ちに遭い命を落としたと。
先程の僧は熊坂の霊に違いないと確信した旅僧は、この地で弔いを始める。

⑤熊坂長範の霊が現れる

「東南に風立って西北に雲静かならず 夕闇の夜風激しき山陰に こずえ木の間や騒ぐらん」

夜風が激しく吹き、木々がざわざわと揺れる―――※ここでも視覚的な助けは何もありません。謡だけでこの夜の空気を感じてください。
鎧を身にまとい、長刀を持った熊坂の霊が僧の前に現れる。
熊坂は自分を弔ってくれる僧に対し、最期の有様を物語る。

⑥最期の有様を物語る
熊坂は床几に腰かけ(馬上で手下に指揮をとる態を表現)、物語る。

「さても三条吉次信高とて 黄金を商ふ商人あって 毎年数駄の宝を集めて 高荷を作って奥へ下る
あっぱれこれを取らばやと 与力の人数は誰々ぞ」

国々から集まった屈強の強者達。河内の覚紹、磨針太郎兄弟、三条の衛門、壬生の小猿、麻生の松若、三国の九郎・・・70人程の手練れが集まっている。※舞台には熊坂しか登場しません!
吉次一行が通る道を見張っており、彼らが赤坂の宿に泊まる事を知る。

商人吉次一行は、宴会に疲れてか、夜更け静かに眠っている。しかし、その中に眼光鋭い小男が、外で物音がするのを障子の隙間からじっと窺っている。

盗賊達は、その小男にも気付かず、皆我先にと松明を投げ込み投げ込み物凄い勢いで乱れ入る。
そこに先程の小男、そう、牛若丸が少しも恐れる気色なく、小太刀を抜いて渡り合う。

「獅子奮迅虎乱入 飛鳥の翔りの手を砕き 攻め戦えばこらえず 表に進む十三人 同じ枕に切り伏せられ
そのほか手負い太刀を捨て 具足を奪われ這ふ這ふ逃げて 命ばかりを逃るもあり」

熊坂はこの騒動に驚き、奴はいかさま鬼神か、人間にてはよもあらじと身を震わせる。盗みも、命あっての物種、退却しようと一度は考えるが、いや俺の秘術を使えばどのような者でもかなうまいと、討たれた同志の為にもと引き返す。
しかし牛若の強さ、身軽さは尋常ではない。熊坂の長刀を右や左とかわし、挙句は刃の上に飛び乗り、一瞬姿を失ったかと思えば鎧の隙間に斬り込まれる。

長刀ではこいつにはかなわない、熊坂は長刀を投げ捨て、手捕りにしようと組みかかる。しかし陽炎や稲光をとらえられないように、水に映る月の様に、姿を捕まえる事ができず、次第次第に弱り、負った傷も深まり、この松の下で力尽き命を落とす・・・。

「この松が根の 苔の露霜と 消えし昔の物語 末の世たすけ賜びたまえ」

どうか後世を助けて下さい。弔って下さいと言い、夜がしらしらと明けるにつれ熊坂の霊は赤坂の松蔭に消えていった。

……庵は登場しない、消え行く庵室のシーンで場面展開もない。朧月夜の風が吹きすさぶ夜は謡のみで表現し、70人もの盗賊集団も熊坂一人だけ。そして、大胆なことに、もう一人の主役、牛若丸なんてどこにも現れない。能らしい、余分を大幅に削る事で表現している曲です。お客様には不親切ですが、その分皆様の頭の中で、どのような庵なのか、どんな夜なのか、想像してください。

この曲の醍醐味は、長刀さばきです。曲のクライマックスでは、熊坂が長刀を奮い、所せましと動き回ります。
お客様はその熊坂の動きの向こうに、俊敏に飛び回る牛若丸を描いてください。

「討たれた時の熊坂の年齢は63歳だった。この曲を若い人が演じるのは非常に難しいんだよ」とある先輩が仰ったことがあります。
実は私はこの曲をもっと早くに勤める予定でしたが、事情あって演じないままでいました。63歳だからといって老いぼれて演じていては、牛若丸が見えてこない。かと言って軽い動きでは盗賊の頭領たる貫禄が出ない。

そしてまた、やはりみんなのヒーロー、牛若丸を登場させずにスポットを当てた点にも注目しなければなりません。
熊坂長範は、弱い者は襲わず、金持ちや身分の高い者しか盗みをしなかったとも言われています。その彼にヒーロー性を感じる方もいらっしゃるかもしれません。盗みという悪に立ち向かう牛若丸に期待を膨らませて鑑賞されるのも面白いと思います。皆様は、熊坂派、牛若派、どちらでしょうか……?

《道成寺》を終えた後、初めてのシテです。皆様是非お越しください。お申し込みは「大の会」チケット申し込みフォームよりお願いします。

「たにまち能」
日時:2017年1月7日(土)13時開演 ※「熊坂」は15時頃の予定です。
終了予定16時30分頃
於:山本能楽堂(大阪市中央区谷町)最寄り駅地下鉄 谷町4丁目駅④出口徒歩5分
入場券:一般券5,500円
内容:能《東北》今村一夫 狂言《附子》善竹隆司 能《熊坂》林本大 他仕舞

道成寺へお参り

先刻よりご案内申し上げております通り、10月30日(日)「山本眞義追善能」にて、能の大曲・秘曲であります《道成寺》を勤めさせていただきます。

8月31日、丸1日空けて、和歌山県の道成寺にお参りに行って参りました。大阪から電車で2時間以上かかるのですが、久しぶりの旅行気分と、やはり厳粛な気持ちも交錯しながら、昼過ぎに「道成寺駅」下車。参道に並ぶお土産屋も、するべきことを先にしなければと思い、釣り鐘饅頭食べたいのも我慢して。

道成寺の門にたちはだかる長い階段。能《道成寺》の中の「乱拍子」では、この長い階段を蛇体が登っている様だとか。今回はそれも意識しながら少しゆっくりと登りました。

ご住職にお目にかかり、ご祈祷をお願いしようと思った矢先の事。

「随分以前に、山本先生とお越し下さいましたね」とご住職。

……びっくりしました。そうです。実は私、まだ内弟子中の10年前に師匠のお伴で道成寺に伺った事があったのです。その時は師匠が《道成寺》のシテをお勤めなられる時でしたので、ご祈祷の場は師匠のみ。私は境内の目立たないところに控えておりました。もちろんご住職とはほとんど会話しませんでしたが、なんとその時の様子をご住職は覚えて下さっていたのです!

「あの時は議員秘書さんのようにずっと立っておられましたね。あの時のお姿が印象的でした。あの時はお構いできず失礼しました。」と仰っていただきました。

「あの時お付きで来られてた林本さんが今度はシテをされるのですね。よろこんで、つつしんで、ご祈祷申し上げます。」……そのお言葉に胸がいっぱいになりました。

道成寺のご本尊は千手観世音菩薩。文字通り千本もの手をお持ちです。手をかえ品をかえてそのたくさんの手が我々を守って下さる。

「能の《道成寺》もその手の内の一つのような気がするのです」とご住職がお話しくださいました。能の《道成寺》を勤める事がお客様と仏様の架け橋になる、そのような気持ちで舞台に臨んでいただきたい……なんとも高いハードルまで頂戴しました。

ご祈祷が済んだ後も、しばらくお寺にとどまり、ゆっくりと時を過ごしました。

先日のラジオ出演の桂春蝶さんや、道成寺のご住職。《道成寺》を勤めさせていただくにあたり、かようにたくさんの方から見守られている。

《道成寺》を勤めるにあたり師匠が下さいましたお言葉、「先生方や先輩方、そして多くの皆さんが大きな風呂敷を広げてくれている。君はその真ん中に降りてくればそれでいいんだよ」その意味を少しずつ実感する、そのような1日でした。

「葵上」つとめさせていただきました!

6月4日、大阪・山本能楽堂にて能「葵上」シテ(主役)勤めさせていただきましたので、ご報告申し上げます。

この曲は源氏物語を題材にし、六条御息所というと高貴な女性の嫉妬を描いた物語。この曲に取り組むにあたり、文章をしっかり読み、勉強してから稽古をし、何度も反復しましたが、当日の舞台は反省も多々ございました。

前半は謡中心で進行していきますが、その謡で女性の躁鬱の様なものを表現しなければなりません。節付けを見ますと、なるほど「なぜこのような節になっているのか」が分かります。気持ちが昂るときには節も高揚し、沈む心の表現には「クドキ」といわれる節付けで、低く謡われます。大先輩のお言葉を拝借しますと、節付けを理解せずに勤めることは、「この曲の作者に失礼」であるということ。

そして後半は、「般若」と呼ばれる「鬼女」の能面を使用します。角が生え、髪の毛も乱れ、牙をむき、いかにも怒りが爆発した表情ですが、目元の辺りが悲しみの一面を持っています。ただ怒りにまかせて舞うというわけにもいきません。

「葵上」におきましては身分の高い女性ですから、「般若」を着用していても、「品よく舞う」事が肝要です。ちなみに、同じく般若を使用する「安達原」は「強く舞う」、大曲「道成寺」は「〇〇く舞う」(※やはり秘曲ですので、一応伏せさせていただきます)、という様に教わっています。

今回も大変勉強させていただきました。そして、また改めましてご案内申し上げますが、私が10月に秘曲中の秘曲であります「道成寺」を勤めさせていただくことになりました。この曲に挑戦するためのステップアップの曲としましても、非常に良い経験をさせていただきました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

6月4日(土)たにまち能で能《葵上》

長らく更新せず申し訳ございませんでした。

今回は、来る6月4日(土)大阪の山本能楽堂にて行われます「たにまち能」にて、能の人気曲の一つ、「葵上」を演じさせていただくことになりましたので、ご案内申し上げます。

“6月4日(土)たにまち能で能《葵上》”の続きを読む

歳末助け合い協賛能で能《半蔀》

憧れの光源氏と初めて二人で過ごすことが叶った夜、物の怪に憑りつかれ、源氏に看取られながら19歳の短い生涯を閉じた女、夕顔の君。

それからどれ位長い年月がたったのでしょうか。梅雨まだおさまらぬ暑い夏の夕方、京都の雲林院という寺で僧が「立花供養」を行っています。

「立花供養」とは、花への供養の事。花はいつも仏前に供えられますが、つまりはその都度花を殺生していることになります。その花を弔うのです。

“歳末助け合い協賛能で能《半蔀》”の続きを読む