ラジオ出演しました!

ご縁を頂戴しまして、8月30日(火)午前11時頃、ラジオ関西「桂春蝶のバタフライエフェクト」に出演させていただきました。

落語家の桂春蝶さんとは、私が内弟子時代からお付き合いさせていただいております。

山本能楽堂で「上方伝統芸能ナイト」という催しがあり、能狂言以外にも、落語や講談、文楽や浪曲など幅広く伝統芸能を紹介する会で、始まってもう10年程になります。そちらにご出演いただいたのが桂春菜さん、後の桂春蝶さんです。

私の内弟子時代の頃、楽屋を走り回っている様子をよく知っておられる桂春蝶さん。今回の私の「道成寺」公演を大変喜んでくださいました。能「道成寺」の主役を勤めるということは、いわば「能楽師が能楽師として認めてもらえる試験」のようなもの。この大きな舞台に立たせていただく事を春蝶さんが知って下さり、すぐに私にご連絡いただきました。

「僕のやってるラジオにご出演していただけませんか?道成寺の事お聞きしたいです!」

…久しぶりの、そして突然の春蝶さんのメッセージに驚きました。

昔から、さほどよく話をしたという事はありませんでしたが、少し離れたところから温かく私を見守っていただきました。楽屋ではとても楽しく話をされるのに、いざ舞台となると急に眼が光る。いつも的確にご指摘をされ、また春蝶さん自身のお弟子さんへのまなざしは、厳しくも温かい、落語への姿勢、引いては今のこの国への憂い、そしてすぐそばにいる弟子への思い…。非常に視野を広くお持ちになられ、私も学ばせていただくところは多々ありました。

私が独立をし、地元の大正区で催しをすることになった時、私は舞台というものに意識の深いこの方に是非お越しいただきたいと、厚かましくも能の公演の司会に、出演を依頼させていただきましたら、快くお引き受けくださいました。それから5年間、続いてお越し頂きましたことは、今でも深く感謝いたしております。

しかしながら、どんどん落語界でビッグになっていかれる春蝶さん。お話しする機会も減り、少し寂しい思いもしながら、影ながら応援させていただいておりました。実は、こっそり落語会を拝見に伺ったこともありました。

その春蝶さんからのお誘い!本当に嬉しく思いました。

ただ、その久しぶりの春蝶さんとの会話が、広く世間に流れている!私はガチガチで当日を迎えました(その時の様子がこの写真です。私、ガチガチでしょう!?)。
上手く話せたかどうか分かりませんが、憧れの春蝶さんと少しでも時間を共有できたこと、とてもうれしく思います。そしてこの機会を作って下さったラジオ関西のスタッフの皆様、ありがとうございました。

私が「道成寺」を初演させていただくということで、たくさんの皆様が動いてくださっている。この事を胸にしっかり抱いて、命がけでつとめさせていただきます。