若手能、ありがとうございました!

先日1月21日、大槻能楽堂にて若手能大阪公演、つつがなく会を終えることができました。

随分寒い一日でしたが、御越しくださいました皆様、ありがとうございました。

40歳までを「若手」とし、そのメンバーで構成され(もちろん、先輩方にも助演をお願いしております)、運営も全て若手が担当させていただいております。

思えば1年前から動きは始まりました。若手能委員会が結成され、私もその一員として活動いたしました。委員長・善竹隆平氏を中心とし、チラシの作成・広報・出演者依頼や様々な連絡、そして今回は私たちだけで稽古会も実施、なるべくお客様の視点に立って会当日の運営も行いました。もちろん多々至らない点もございましたが、本当に良い経験をさせていただきました。

せっかく若手に任せていただいてますので、若手ならではのことをしたいと皆が考えました。これまで歴代続きましたこの若手能は、その代その代の若手達が色んな趣向を凝らしながら勤めてまいりました。

今回は、様々な若手能ならではの活動の中で、特に皆様のお手元にお届けする「番組」に注目しました。

能のプログラムの事を「番組」といいます。能の一曲二曲は、「一番二番」と呼ばれ、その一番一番の組み合わせですので「番組」と呼ばれます。

能の番組は、昔よりも形式にこだわらず随分見やすいものになりました。それでも更に皆様に親しみやすいものにするために、私たちが考えたことは「能を知らない方に能の番組を作っていただく」事でした。

主に家族の写真を撮られて精力的に活動されてるカメラマンの福井小百合さん、そしてまた大阪で独立し活躍されてるデザイナー大矢礼子さんにご相談し、今回のパンフレットができあがりました。(皆様見ていただけましたでしょうか?)

お二人とも本当に手探りながら協力して下さり、実際に能の会の催しの楽屋も見学されました。お二人にとっては大変な作業だったと思います。

このように、私たち能楽師だけでなく、その周りの方々のお力をお借りして会はようやく成り立ちます。それは私が《道成寺》を勤めた時にも感じたことでした。

「たくさんの人がいて、今の能楽師としての私がいる」若手能で勉強した、とても大切なことです。

写真は、会を終えた後、右から若手能委員長の善竹隆平氏、福井小百合氏(実は高校の同級生!)、大矢礼子氏、そして《鵜飼》主役を勤めた直後の私です。偶然にもこの4人、同世代です。

本当に皆様、ありがとうございました。

若手能のススメ

一般的な能の催しのチラシは、大体舞台で演じている写真を使うのが主流になっているのですが、いかがですか、今回の若手能のチラシの表紙。

「若手能」とは、40歳までの大阪の若手能楽師が中心になり、舞台研究は勿論、会の運営にいたるまで主体となり、すすめていく催しです。私もその采配に携わる「若手能委員会」の一員です。

今回は私の発案で、今まで作ったことのないようなチラシを作ってみようと思い、日頃仲良くお付合いさせていただいておりますデザイナーの大矢礼子さんに相談し、また高校の同級生で今はカメラマンとして活躍されてる福井小百合さんに撮影をお願いして今回のデザインに至りました。

いろんな側面から能の会を観ていくことが必要であり、今回のチラシはいい投石になった気がしています。「このようなチラシでなければ」という範囲を少し広げられたように感じています。

さて今回の若手能で私が能《鵜飼》の主役を勤めさせていただきます。能《鵜飼》を少しでも面白く鑑賞いただく為に、流れをお話しさせていただきます。

(1)僧たち(ワキ・ワキツレ)登場

諸国行脚の旅に出ている僧侶の一行が、甲斐の国(山梨県)石和川のほとりに到着する。

(2)宿を借りようとするが断られる

僧は日が暮れたので、その土地の者(アイ)に声を掛けるが、宿を貸せないと断られる。どうやらこの土地には、よそ者に宿を貸してはならないという決まりがあるようだ。しかしその男曰く、川岸にお堂があるので、そこでなら泊まれるだろうと。僧たちは仏法の力を頼りに泊まろうとお堂に向かう。

(3)老人(シテ)が登場

闇の夜、月も雲に隠れ、黒の世界。(真っ暗な闇の夜を想像してください!)その中を、松明(たいまつ)を片手に一人の老人が現れる。

鵜舟に灯すかがり火の 後の闇路を 如何にせん

昔、殺生をして自分の生業としている者は罪深い、卑しい事だとされていました。この曲は背景にこの罪を背負っていかなければならない人間像が描かれています。

この老人は鵜を使い、魚を獲って生活をしている。この罪深い我が身を嘆いている。しかし、

鵜使う事の面白さに 殺生をするはかなさよ

この生業が面白くてやめられない。後の世の闇のような報いが恐ろしい。高貴な雲の上の人達は月の出ない夜を嫌がるが、私は月ない夜が喜ばしい。

(4)老人と僧が言葉を交わす

老人は暗い道を松明を振り歩いていくと、僧に出会い、話しかける。僧は誰も宿を貸してくれなかった事を語ると、老人は、「この辺りではだれも貸さないだろう」と言い、自分は鵜使いだと明かす。僧は老人に、殺生などお止めなさいとすすめるが、老人は、

若年よりこの業にて身命を助かり候程に 今更止っつべうもなく候

と、昔からの職業を今更止められないと言う。

(5)僧の一人(ワキツレ)が、ふとある事を思い出す

その時一人の僧が口を開く。

「思い出しました。数年前この川下の岩落という所を通った時、このような鵜使いに出会いましたので、殺生が罪であると説教しましたら、彼は罪滅ぼしの為に一晩の宿を貸してくれました」

と話すと、それを聞いた老人がこう言う。

その鵜使いこそ空しくなりて候へ

その鵜使いは、もうこの世にはいないと。

(6)老人がその鵜使いについて物語る

老人はゆっくりと座り、(※松明を消す所作あります。)おもむろに物語る。

―――この辺りは殺生禁断の所です。しかし川下の岩落には鵜使いが多く、毎晩忍び込んでは密漁を繰り返していました。それを憎んだ土地の者たちがある夜見張っていました。そこへ、かの鵜使いが忍び込んでしまいました。狙ってた人々はばっと寄り捕まえ、彼を殺せとわめきました。鵜使いは、殺生禁断の所とは知らなかった、今回だけは助けてくれと手を合わせ泣いて懇願しましたが、助ける人もなく、簀巻きにされ川に沈められました。

と、ここまで話してから、驚く事を老人は言う。

その鵜使いの亡者にて候

なんと、この老人こそ、簀巻きにされ沈められた鵜使いの霊なのであった。

(7)鵜使いの有様を再現する

その告白に驚いた僧は、亡者を弔う代わりに、その鵜を使って業をする様子を語って聞かせてくれるよう頼む。老人は、懺悔として鵜を使う様子を見せる(※鵜之段と呼ばれる名シーンです)。

籠から鵜を取り出しで川波にばっと放す。かがり火に驚く魚を追い回し、すくい上げる楽しさ。自分が犯している罪も忘れてしまうくらい。しかし、ふと我にかえる。かがり火が燃えていても自分の影が見えない。そうだ、自分は死んだのだ。老人はまた闇夜にまた帰っていくのであった。

(8)土地の者と僧の会話

そこへ先程の土地の者が現れ、僧の質問に答えて、数年前の鵜使いが川に沈められた事件を話す。僧は、亡者の為に弔いをしようと決める。

(9)亡者を弔っていると、冥途の鬼が現れる

僧たちは川原の石を拾い上げ、一つ一つに法華経の文字を書き入れ、波間に沈めて手向けていると、冥土の鬼が現れる。そして、かの亡者は無間の地獄に落ちるはずであったが、僧を一晩泊めた功徳によって浄土の世界に送られる事となった、と報告をする。

法華は利益深き故 魔道に沈む群類を救はん為に来たりたり

法華経の功徳が全てを救う。草木、罪人に至るまで慈悲の心を起こして僧を供養することで、救われるのだと説く。

この曲は前半が非常に難しいと思います。闇の世界、それに対応するかのような罪の世界。そこに月が照らす。月は救いの光。しかし老人はその月夜を嫌う。生まれながらに持った業を背負わないといけない苦しみ。

闇夜を謡で表現しないといけません。人間の暗い部分と言いますか、哀しい面をどのように表現できるか。その暗闇の中に、ぱっと空気が変わるのが「鵜之段」。自分の罪も忘れて鵜使いに没頭していきます。
 

「若手能」
日時:2017年1月21日(土)13時開演
 ※「鵜飼」は15時過ぎの予定です。終了予定16時30分頃
於:大槻能楽堂(大阪市中央区上町)最寄駅「谷町四丁目」駅(10)(11)出口
入場券:前売券2,800円 当日券3,100円 学生券1,500円(+500円で指定席)

   
是非お越しください。「大の会」チケット申し込みフォームよりお申し込みください。

「道成寺」ありがとうございました。

7年前の独立披露の会の日は雨。歴史ある大阪薪能で主役を頂戴したときは小雨。地元の大正区で催しを始めて開催した時も雨。

節目の舞台ことごとく雨だった私が、10月30日「道成寺」の日、朝6時半カーテンを開けると明るい空。ようやくお天道様も認めて下さったようです。

満席で立ち見も出るほど多くの皆様にお越しくださいました「山本眞義17回忌追善能」にて、大曲「道成寺」つとめさせていただきました。沢山の方々にご声援いただき、そのお声を糧にエネルギーにして、勿論まだまだ未熟ではございますが怪我なく終えることができました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

振り返りますと一年前からずっと「道成寺」の事ばかり考えていました。

故山本眞義師が、17回忌という節目にこの機会を与えていただいた事が始まりです。

観世二十六世宗家にお許しをいただき、本番は勿論2回の申合せ(リハーサルの意味)にも東京からわざわざお越しくださいました事。そして山本章弘師に会の運営などご指導下さり、お稽古していただきました事。師匠奥様始め山本能楽堂の事務所の皆様にも手伝っていただきました事。

ご祈祷そして温かいお言葉をいただきました道成寺ご住職。チラシやパンフレットの原稿を一生懸命作ってくれた親友。ラジオに出演させてくださった桂春蝶さん。沢山の方に案内を広めて下さった社中の皆様。何も言わずお参りに行ってくれた後輩。電話やメールでいつも励ましてくれた友人たち。忙しいだろうからといつものお酒の誘いを何も言わずに減らして下さった先輩。風呂敷を手作りでプレゼントしてくれた後輩。稽古で見落としがちな部分を楽屋でこっそり丁寧に教えて下さった大先輩。当日舞台に出っ放しで疲れているのにずっと私の装束付けに傍にいてくれた同期。海外からも嬉しいメッセージをくれた後輩。鐘を丁寧に作って下さった先輩たち。会終了後の懇親会を私の目の届かない所を指揮して下さった大先輩。

そして私の道成寺を自分の事のように喜んでくれた家族。「道成寺」を楽しんで、または心配して、興奮して、涙流してご覧下さいましたお客様おひとりおひとり。

舞台は決して一人でできるものではない。目に見えるところは勿論、気が付かない内に自分の体重をこっそり支えて下さってる方がいる。

「道成寺」を終えた直後、私が思った事は「この経験を、この嬉しさを、このしんどさを、この興奮を、この技術を、この感動を、次にこの大曲を演じる後輩にどうやって伝えよう」

今度は私が後輩の体を支える番なのです。

会数日前、私の事をいつも気にかけてくださる東京の重鎮であり、先日人間国宝になられました野村四郎先生より、お祝いの色紙を頂戴しました。

「是非初心不可忘」

これまでの稽古の積み重ね、経験の積み重ねがこれからの能楽師人生の糧になることは間違いありません。しかしこれからが能楽師「林本大」の本当の始まり。いつまでも若手のつもりで先輩にぶら下がるような事は卒業せねばなりません。年相応の芸を身に付ける事は本当に大変な事だと思います。常に自分の体の中を入れ替えていく事を忘れないで、前に前に向かっていきたい、そんな役者になれるよう精一杯勤めてまいります。

本当に皆様ありがとうございました。深く御礼申し上げます。

写真は、四郎先生から頂戴した色紙、大学の後輩が作ってくれた風呂敷、そして鐘の中に入れた道成寺のお守り。

完売御礼!

かねてより皆様にご案内させていただいておりました、10月30日(日)山本眞義追善能は、おかげさまをもちましてチケットすべて完売致しました。沢山の方々にお声を掛けてくださり、ご支援いただきました。心より御礼申し上げます。

皆様のご期待にお応えできますよう、精一杯「道成寺」勤めさせていただきます。

また今回の公演に際し、ラジオや新聞など、各メディアに取り上げていただきました。その中から、10月5日大阪日日新聞様に記事を掲載して下さいましたものをご紹介します。

記者会見では師匠・山本章弘師と共に同席させていただきました。複数社お越し下さいまして緊張した中進行しましたが、途中章弘師が学生当時の私の様子などを話して下さいました。その中には本人の私が忘れているような話もありました。

能楽部の夏合宿で早起きし猫と遊んでいたこと、いつも自転車で能の会を観に来ていたこと、お金がないけど見に行きたい時は、わざと先生のおカバンお持ちして付き人のふりして楽屋に入った事……。

和やかな雰囲気に包まれて記者会見は終わりました。

大曲「道成寺」をつとめさせていただきます。

来る十月三十日(日)大槻能楽堂におきまして、「故山本眞義十七回忌追善能」を催させていただく事となり、私が能の名曲であり大曲である「道成寺」のシテ(主役)を勤めさせていただく事となりましたので、ご案内申し上げます。

能楽の家に育たなかった私が、大学のクラブで山本章弘師に出会い、能楽の道を志し、故山本眞義師の元に入門しました。芸の事は勿論、お茶の出し方や手紙の書き方、能役者として、社会人としてどのように生きていくべきかという、およそ学校では教わらない事を沢山教わり、十年間の内弟子修行を経て平成二十一年に独立を許されました。独立の後もたくさんの皆様に支えられながら舞台を多数勤めてまいりました。

「道成寺」は、舞台に登場する前の幕の中、お客様からまだ見えないところでも既に演技が始まり、登場の仕方も非常に難しい「習の次第」、女の不気味な様を謡で表現する「道行」、大鼓一人だけの演奏に合わせ遠くから鐘を見上げる「執心の目附」、この曲の最骨頂ともいうべき、小鼓との一騎打ちである「乱拍子」、その長い緊張状態が爆発をする「急の舞」から、失敗すると命にもかかわる「鐘入り」。鐘の中でも口伝により、真っ暗な中で衣装の着替えをし、鬼女に姿を変えます。そして僧侶達との激しい戦いである「祈り」……。色々な見せ所がございますが、その分たくさんの決まり事をこなし、「道成寺」を勤めなければいけません。

先日家元より、「沢山の決まり事を、教わった通りにする事が大事なのだよ。上手に舞おうなんて思ってはダメですよ。」とお言葉を頂戴しました。師匠から教わった事をそのまま演じる。これこそが「伝承」なのだと感じています。

能役者の卒業論文と言われる「道成寺」を、観世流家元のお許しを得まして、演じさせていただく運びとなりました。その他観世流御宗家・観世清和師に御来演下さり舞囃子「海士」を、山本章弘師が老女物の難曲「卒都婆小町」を、他にも大変豪華なキャストとなっております。このような会で大曲を勤めさせていただく事、身の引き締まる思いですが、精一杯演じる覚悟でおります。

これまでの私の能楽人生を支えてくださいました皆様に、是非ともお越しいただきたいと思っております。「道成寺」をご覧いただき、修行の成果をご披露できればという気持ちです。

ご多忙の折恐縮ではございますが、是非お越し下さり御高覧賜りますようお願い申し上げます。お申し込みはdainokai.comのチケット申し込みページのほか、お電話などでも受け付けております。

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

歳末助け合い協賛能で能《半蔀》

憧れの光源氏と初めて二人で過ごすことが叶った夜、物の怪に憑りつかれ、源氏に看取られながら19歳の短い生涯を閉じた女、夕顔の君。

それからどれ位長い年月がたったのでしょうか。梅雨まだおさまらぬ暑い夏の夕方、京都の雲林院という寺で僧が「立花供養」を行っています。

「立花供養」とは、花への供養の事。花はいつも仏前に供えられますが、つまりはその都度花を殺生していることになります。その花を弔うのです。

“歳末助け合い協賛能で能《半蔀》”の続きを読む