能の「楽屋」

能の世界では「入り時間」つまり、何時に楽屋に入るかというのは、決まっていません。

よくホールなどで能の舞台をつとめる際に、舞台スタッフの方から「当日は何時に皆様楽屋入りされますか?」と聞かれますが、私の答えは「さあ……分かりません。」

例えば13時開演の能の催しがあった場合、11時に入る人もいれば、12時の人も。13時過ぎてから自分の出番に間に合うように来る人も。

そしてまた、私達は楽屋での役割すら決められていません。もっとも、重要な部分は事前に決めておく事もありますし、舞台上での役割(シテや地謡など)は勿論事前に主催者からお願いされることはあります。

私達が当日の催しまでに渡される情報は「番組」という、誰が主役で、何の曲で、地謡が誰で、会場がどこで、何時に始まるかというプログラムです。

私達(特にシテ方の若手)は、その番組を元に、「自分は何時頃に入らないといけないか」を判断するのです。

その日の催しの番組の出演者を見て、自分が一番下っ端だなと思ったら、皆より早めに行こうと判断したり、能の衣装の準備が大変そうな曲だなと思えば早く楽屋入りしたり、逆に若手が多いからいいやと思えばゆっくりめに来る……。

また楽屋での仕事も、「あなた装束着付けお願いね」「幕上げしてよ」という言葉が飛び交うことはあまりありません。その時楽屋にいてる能楽師各々が、「僕は幕上げしよう」「装束の準備は手伝うけど、シテの人はあまり面識ないから着付けは遠慮しておこう」など。

もし誰も幕上げをしようと思わなければ、シテが舞台から帰ってきても幕は上がりません。皆が遅くに楽屋入りすれば準備に支障が出るでしょう。

11月11日、私の後輩の今村哲朗氏が能の秘曲「道成寺」を無事に勤めました。この日は彼が主催ですので、舞台の事以外にも、例えば弁当の準備やチケットの手配、会場費の支払いや終了後の懇親会の世話などあらゆる事をしないといけません。

私は少しでも彼の手助けになればと早くに楽屋入りするつもりでしたが別の用事でどうしても遅くなり1時間前に楽屋入り。しかしその時点で若手のほとんどはもう出勤しているのです。「早目に楽屋入ろうね」と打合せはしてないのに。そして皆が哲朗君の為に、自分ができる仕事をこなし、「哲朗君をゆっくりさせてやろう」「なるべく舞台に集中できるようにしてあげよう」という周りの思いがそこにはありました。

各々が自分の役割を心得て、仕事を取り合う事もなく、さぼる事もなく。役割を予め決めていないのに、仕事がスッと進んでいく。ハプニングがあっても、誰かが対応策を講じ、皆で対処していく。

お客様には伝わらない事かもしれませんが、そのように楽屋が役者を舞台に送り出す「構え」がしっかりしているからこそ、舞台をしっかり勤められる。

「道成寺」の装束着付けが始まった時、楽屋の中から人が知らぬ間にいなくなり、最低限の人数のみ。沢山人がいると、主役が集中できない為、そして「道成寺」を勤めた者以外は楽屋に入る事は許されない為です。勿論誰が楽屋に残って、誰が立ち去るか、打合せはありませんでしたが、自然にそうなりました。

写真は「道成寺」終了後の懇親会にて。哲朗君と、舞台に楽屋に頑張った若手達。

能の楽屋は「不思議」な世界です。

このメンバーで!

また、この舞台がやってきました。
能と現代演劇が一つになる。今回第3弾となります「能×現代演劇 WORK #3」。

能に「舎利(しゃり)」という物語がありますが、その話を題材に作り上げる、その名も「韋駄天」。

「舎利」とは、仏の歯の事。釈迦の死後、彼を慕う人たちがその骨を取り合い、聞くところによると何百万にも分骨されたとか。そのような事実がこの物語を生んだのでしょうか……。

京都の泉湧寺にも仏骨が収められています。ある僧が一目舎利を拝みたいとやってきます。同じくその場に現れた一人の男。彼も舎利を目の前に、この尊さを語ります。しかし、ふと見るとその男の様子がおかしい。男は「許し給えやお僧達」と周りの人達の目を眩めて、その紛れに舎利を奪い、天井を蹴破り去っていく……。

と、能はここで前半終了。後半は舎利を奪い取った鬼が、宇宙空間を逃げている所に、背後から突風の如く駆けてくる神、韋駄天。二人の壮絶な舎利争奪戦が始まります。

今回は「舎利」の物語を、能と現代演劇で表現します。毎回タッグを組んでいる脚本家、林慎一郎氏が先日、その本を書き上げました。今度の出演者と顔合わせ、そして皆が初めて手にする脚本。おそらく自分がどの役をするのか分からないまま本読み。私もその本読みを傍で聞かせていただきましたが……おもしろい!

話のネタばらしをしてはいけないので内容は触れませんが、この写真のむさくるしい……いや失礼、男くさい……いやいやこれもすみません、とにかく男達が作り出す世界に期待大!

これまでは、男女混合のチームでした。第1回目「紡ぎ歌」では前半を演劇、後半を能で。2回目「心は清経」は演劇中心で、能の演技がそれを装飾。

今回3回目「韋駄天」は、どのような構成になるのか、皆さん楽しみにしていてください。

700年も昔から続く能の物語、古臭い、埃がかぶっているようなイメージに捉えられる事が多いのですが、「能は現代にも続く普遍的なドラマ」です。

林氏が、能のドラマを自在に表現していく。そのことがまた逆に、能が色あせたものではないことへの確認につながる。

いつもの能公演とは違いますが、この舞台をご覧いただいて、さらに能への興味を深めていただけるものと思います。

「能×現代演劇 WORK♯3 韋駄天」
日時:平成29年8月20日(日)17:00開演(16:30開場)
会場:山本能楽堂(大阪市中央区徳井町)
料金:一般前売3,000円 一般当日4,000円

主な出演者 
能「舎利」シテ林本 大 他
現代演劇 
小笠原 聡・加藤智之(DanieLonely)・小坂浩之・上瀧昇一郎(空晴)・村山裕希(dracom)

お問合せ・お申込みは「大の会」ホームページチケット申込フォームよりお申込下さい。

数年に一度の写真?!

いつも「大の会」ホームページご覧くださいましてありがとうございます。

能の世界、能楽師は「分業」。能の役者は、それぞれシテ方(主役、ツレやトモの役、地謡、後見)、ワキ方(いわゆる脇役)、囃子方(笛、小鼓、大鼓、太鼓)、狂言方という4つのパートに分かれます。

私はシテ方です。私がワキ方に移行したり、囃子方を勤めたりすることはありません。小鼓を演奏する演者はずっと、一生小鼓を打ち続けていくのです。

「焼き鳥屋」「たこ焼き屋」「寿司屋」のように、日本は一つの分野を集中して、一生かけて、取り組んでいく精神性を持っているように思います。一つの事のみを必死に作業して、その分野のレベルアップをはかっていく。能の世界も、自分が与えられた事のみを生涯かけて稽古修練し、舞台ではそうしてきた皆がぶつかり合う。そうしてよりよい舞台が生み出されていくのです。

勿論、修行時代に他の分野の事は必ず勉強します。私も囃子は全てお稽古させていただきました。その上で、そのお稽古した事を踏まえて、自分の「シテ方」という役を勤める糧にするのです。

……と、偉そうな事を書きながら、実は数年に一度位、「乱能(らんのう)」という、自分の担当分野を全て入れ替えて舞台を勤める、お祭りのような催しがあります。例えば普段楽器を演奏する人が狂言をしたり、ワキ方が楽器を演奏したり。

さる6月11日、「山本能楽堂90周年記念能」というおめでたい催しの終了後のお客様も交えた懇親会にて、この乱能(実際には舞囃子のみでしたが)の舞台に参加させていただきました!担当したのは一番苦手な「笛」。

「笛」は修行時代に習いたての時に、笛の講師の先生から、「君の笛は聞いてるとしんどくなるから、次の稽古からは笛持ってこなくていい」と言われた程。

今回久しぶりに笛を吹くに当たり、同期の笛方斉藤敦氏にお願いし、数度お稽古伺いました。

……結果は悲惨な有様でした。音は鳴らない、譜を間違えてしまう。お祭りという事で皆さんには大目に見ていただいたようです。

しかしながら、いつもとは違う場所に座る事で、いつもの私の位置が見えてくる。「ワキの演者はこんな思いで謡ってるのか」「囃子方は私たちのこのような謡をこんな気持ちで演奏しているのか」など。

たまに違う場所に座って、まわりの事をよく知り、そしてまたいつもの場所に戻る。本当に能の世界は不思議で、日本的で、魅力的だと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

和のい・ろ・は

平成20年に内弟子を独立してすぐに、「大阪青年会議所」に入会しました。25~40歳までの、大阪または日本をよりよい街にするために活動している団体です。

能の世界しか知らない私はこの集まりで、名刺の渡し方や議案書の作り方など、社会人としての最低限度の事を沢山教わりました。我々では当たり前だと思っていることが一般では違う。そして青年会議所のメンバーは経営者が多いのですが、会社では一国一城の主が、駐車場の場内整理をしたりイベントの受付をしたり。同世代のいろんなメンバーと共に過ごして9年。これからの人生のとてもおおきな糧になりました。

今年の12月で青年会議所を卒業します。最後の1年に何か残したいと思い、「和のい・ろ・は」を結成。微力な私にできることは、日本の文化を皆さんに紹介できること。幸いにも、現在青年会議所には、茶道や和菓子、着物や日本美術など、日本文化に携わっているメンバーが多数在籍しています。その皆さんに声を掛け、私の想いに賛同していただいた方々で、この国が長年大事にしてきたものを伝えていく作業をさせていただく事になりました。

第1回は私の「能楽」と、松井宗豊氏の「茶道」の紹介。各々が勝手に自分の領域を説明するのではなく、対談形式でお互いの文化を「尋ね合い」していきます。つまり、私がお客様の立場に立って、茶道の事を色々尋ねていき、また松井氏が能について色々質問をしていく。その中で「能」と「茶道」に共通するものを見つけていく。実はその共通点を見つけるという事が、「日本」の姿を発見するきっかけになるのではと思っています。

今回の私の相手役、松井宗豊氏は、家元の下で修業をされ、これからの茶道の世界を牽引していかれる方です。常に凛とされていて、またお話しも含蓄があり非常に面白いと思います。青年会議所卒業間近にこのような方と御縁頂戴し、本当にありがたいと思います。

「能」のファン、「茶道」のファンを作りたいのは勿論ですが、今回の目的は、様々な文化を紹介、理解することで、「日本」のファンを増やしていきたい、そう考えています。そしてそれが、私を育てていただきお世話になった「青年会議所」への御恩返しです。

今年度計4回企画する予定です。是非皆様お立ち寄りください。「能」や「茶道」や「着物」や「落語」や、色々な文化を通じて、「日本」を知ってください。

「和のい・ろ・は」
日時:5月26日(金)19:00~20:30
於:高津神社 高津の富亭
料金:1,500円(抹茶・和菓子付)
主催:和のいろは実行委員会

※定員30名です。チケットはございません。事前にお申込下さい
※終了後、講師を交えて近隣店にて懇親会を行います。お時間ございましたら是非お残り下さい。(懇親会会費は別途頂戴します)

若手能、ありがとうございました!

先日1月21日、大槻能楽堂にて若手能大阪公演、つつがなく会を終えることができました。

随分寒い一日でしたが、御越しくださいました皆様、ありがとうございました。

40歳までを「若手」とし、そのメンバーで構成され(もちろん、先輩方にも助演をお願いしております)、運営も全て若手が担当させていただいております。

思えば1年前から動きは始まりました。若手能委員会が結成され、私もその一員として活動いたしました。委員長・善竹隆平氏を中心とし、チラシの作成・広報・出演者依頼や様々な連絡、そして今回は私たちだけで稽古会も実施、なるべくお客様の視点に立って会当日の運営も行いました。もちろん多々至らない点もございましたが、本当に良い経験をさせていただきました。

せっかく若手に任せていただいてますので、若手ならではのことをしたいと皆が考えました。これまで歴代続きましたこの若手能は、その代その代の若手達が色んな趣向を凝らしながら勤めてまいりました。

今回は、様々な若手能ならではの活動の中で、特に皆様のお手元にお届けする「番組」に注目しました。

能のプログラムの事を「番組」といいます。能の一曲二曲は、「一番二番」と呼ばれ、その一番一番の組み合わせですので「番組」と呼ばれます。

能の番組は、昔よりも形式にこだわらず随分見やすいものになりました。それでも更に皆様に親しみやすいものにするために、私たちが考えたことは「能を知らない方に能の番組を作っていただく」事でした。

主に家族の写真を撮られて精力的に活動されてるカメラマンの福井小百合さん、そしてまた大阪で独立し活躍されてるデザイナー大矢礼子さんにご相談し、今回のパンフレットができあがりました。(皆様見ていただけましたでしょうか?)

お二人とも本当に手探りながら協力して下さり、実際に能の会の催しの楽屋も見学されました。お二人にとっては大変な作業だったと思います。

このように、私たち能楽師だけでなく、その周りの方々のお力をお借りして会はようやく成り立ちます。それは私が《道成寺》を勤めた時にも感じたことでした。

「たくさんの人がいて、今の能楽師としての私がいる」若手能で勉強した、とても大切なことです。

写真は、会を終えた後、右から若手能委員長の善竹隆平氏、福井小百合氏(実は高校の同級生!)、大矢礼子氏、そして《鵜飼》主役を勤めた直後の私です。偶然にもこの4人、同世代です。

本当に皆様、ありがとうございました。

若手能のススメ

一般的な能の催しのチラシは、大体舞台で演じている写真を使うのが主流になっているのですが、いかがですか、今回の若手能のチラシの表紙。

「若手能」とは、40歳までの大阪の若手能楽師が中心になり、舞台研究は勿論、会の運営にいたるまで主体となり、すすめていく催しです。私もその采配に携わる「若手能委員会」の一員です。

今回は私の発案で、今まで作ったことのないようなチラシを作ってみようと思い、日頃仲良くお付合いさせていただいておりますデザイナーの大矢礼子さんに相談し、また高校の同級生で今はカメラマンとして活躍されてる福井小百合さんに撮影をお願いして今回のデザインに至りました。

いろんな側面から能の会を観ていくことが必要であり、今回のチラシはいい投石になった気がしています。「このようなチラシでなければ」という範囲を少し広げられたように感じています。

さて今回の若手能で私が能《鵜飼》の主役を勤めさせていただきます。能《鵜飼》を少しでも面白く鑑賞いただく為に、流れをお話しさせていただきます。

(1)僧たち(ワキ・ワキツレ)登場

諸国行脚の旅に出ている僧侶の一行が、甲斐の国(山梨県)石和川のほとりに到着する。

(2)宿を借りようとするが断られる

僧は日が暮れたので、その土地の者(アイ)に声を掛けるが、宿を貸せないと断られる。どうやらこの土地には、よそ者に宿を貸してはならないという決まりがあるようだ。しかしその男曰く、川岸にお堂があるので、そこでなら泊まれるだろうと。僧たちは仏法の力を頼りに泊まろうとお堂に向かう。

(3)老人(シテ)が登場

闇の夜、月も雲に隠れ、黒の世界。(真っ暗な闇の夜を想像してください!)その中を、松明(たいまつ)を片手に一人の老人が現れる。

鵜舟に灯すかがり火の 後の闇路を 如何にせん

昔、殺生をして自分の生業としている者は罪深い、卑しい事だとされていました。この曲は背景にこの罪を背負っていかなければならない人間像が描かれています。

この老人は鵜を使い、魚を獲って生活をしている。この罪深い我が身を嘆いている。しかし、

鵜使う事の面白さに 殺生をするはかなさよ

この生業が面白くてやめられない。後の世の闇のような報いが恐ろしい。高貴な雲の上の人達は月の出ない夜を嫌がるが、私は月ない夜が喜ばしい。

(4)老人と僧が言葉を交わす

老人は暗い道を松明を振り歩いていくと、僧に出会い、話しかける。僧は誰も宿を貸してくれなかった事を語ると、老人は、「この辺りではだれも貸さないだろう」と言い、自分は鵜使いだと明かす。僧は老人に、殺生などお止めなさいとすすめるが、老人は、

若年よりこの業にて身命を助かり候程に 今更止っつべうもなく候

と、昔からの職業を今更止められないと言う。

(5)僧の一人(ワキツレ)が、ふとある事を思い出す

その時一人の僧が口を開く。

「思い出しました。数年前この川下の岩落という所を通った時、このような鵜使いに出会いましたので、殺生が罪であると説教しましたら、彼は罪滅ぼしの為に一晩の宿を貸してくれました」

と話すと、それを聞いた老人がこう言う。

その鵜使いこそ空しくなりて候へ

その鵜使いは、もうこの世にはいないと。

(6)老人がその鵜使いについて物語る

老人はゆっくりと座り、(※松明を消す所作あります。)おもむろに物語る。

―――この辺りは殺生禁断の所です。しかし川下の岩落には鵜使いが多く、毎晩忍び込んでは密漁を繰り返していました。それを憎んだ土地の者たちがある夜見張っていました。そこへ、かの鵜使いが忍び込んでしまいました。狙ってた人々はばっと寄り捕まえ、彼を殺せとわめきました。鵜使いは、殺生禁断の所とは知らなかった、今回だけは助けてくれと手を合わせ泣いて懇願しましたが、助ける人もなく、簀巻きにされ川に沈められました。

と、ここまで話してから、驚く事を老人は言う。

その鵜使いの亡者にて候

なんと、この老人こそ、簀巻きにされ沈められた鵜使いの霊なのであった。

(7)鵜使いの有様を再現する

その告白に驚いた僧は、亡者を弔う代わりに、その鵜を使って業をする様子を語って聞かせてくれるよう頼む。老人は、懺悔として鵜を使う様子を見せる(※鵜之段と呼ばれる名シーンです)。

籠から鵜を取り出しで川波にばっと放す。かがり火に驚く魚を追い回し、すくい上げる楽しさ。自分が犯している罪も忘れてしまうくらい。しかし、ふと我にかえる。かがり火が燃えていても自分の影が見えない。そうだ、自分は死んだのだ。老人はまた闇夜にまた帰っていくのであった。

(8)土地の者と僧の会話

そこへ先程の土地の者が現れ、僧の質問に答えて、数年前の鵜使いが川に沈められた事件を話す。僧は、亡者の為に弔いをしようと決める。

(9)亡者を弔っていると、冥途の鬼が現れる

僧たちは川原の石を拾い上げ、一つ一つに法華経の文字を書き入れ、波間に沈めて手向けていると、冥土の鬼が現れる。そして、かの亡者は無間の地獄に落ちるはずであったが、僧を一晩泊めた功徳によって浄土の世界に送られる事となった、と報告をする。

法華は利益深き故 魔道に沈む群類を救はん為に来たりたり

法華経の功徳が全てを救う。草木、罪人に至るまで慈悲の心を起こして僧を供養することで、救われるのだと説く。

この曲は前半が非常に難しいと思います。闇の世界、それに対応するかのような罪の世界。そこに月が照らす。月は救いの光。しかし老人はその月夜を嫌う。生まれながらに持った業を背負わないといけない苦しみ。

闇夜を謡で表現しないといけません。人間の暗い部分と言いますか、哀しい面をどのように表現できるか。その暗闇の中に、ぱっと空気が変わるのが「鵜之段」。自分の罪も忘れて鵜使いに没頭していきます。
 

「若手能」
日時:2017年1月21日(土)13時開演
 ※「鵜飼」は15時過ぎの予定です。終了予定16時30分頃
於:大槻能楽堂(大阪市中央区上町)最寄駅「谷町四丁目」駅(10)(11)出口
入場券:前売券2,800円 当日券3,100円 学生券1,500円(+500円で指定席)

   
是非お越しください。「大の会」チケット申し込みフォームよりお申し込みください。