歳末助け合い協賛能で能《半蔀》

憧れの光源氏と初めて二人で過ごすことが叶った夜、物の怪に憑りつかれ、源氏に看取られながら19歳の短い生涯を閉じた女、夕顔の君。

それからどれ位長い年月がたったのでしょうか。梅雨まだおさまらぬ暑い夏の夕方、京都の雲林院という寺で僧が「立花供養」を行っています。

「立花供養」とは、花への供養の事。花はいつも仏前に供えられますが、つまりはその都度花を殺生していることになります。その花を弔うのです。

“歳末助け合い協賛能で能《半蔀》”の続きを読む