能の「楽屋」

能の世界では「入り時間」つまり、何時に楽屋に入るかというのは、決まっていません。

よくホールなどで能の舞台をつとめる際に、舞台スタッフの方から「当日は何時に皆様楽屋入りされますか?」と聞かれますが、私の答えは「さあ……分かりません。」

例えば13時開演の能の催しがあった場合、11時に入る人もいれば、12時の人も。13時過ぎてから自分の出番に間に合うように来る人も。

そしてまた、私達は楽屋での役割すら決められていません。もっとも、重要な部分は事前に決めておく事もありますし、舞台上での役割(シテや地謡など)は勿論事前に主催者からお願いされることはあります。

私達が当日の催しまでに渡される情報は「番組」という、誰が主役で、何の曲で、地謡が誰で、会場がどこで、何時に始まるかというプログラムです。

私達(特にシテ方の若手)は、その番組を元に、「自分は何時頃に入らないといけないか」を判断するのです。

その日の催しの番組の出演者を見て、自分が一番下っ端だなと思ったら、皆より早めに行こうと判断したり、能の衣装の準備が大変そうな曲だなと思えば早く楽屋入りしたり、逆に若手が多いからいいやと思えばゆっくりめに来る……。

また楽屋での仕事も、「あなた装束着付けお願いね」「幕上げしてよ」という言葉が飛び交うことはあまりありません。その時楽屋にいてる能楽師各々が、「僕は幕上げしよう」「装束の準備は手伝うけど、シテの人はあまり面識ないから着付けは遠慮しておこう」など。

もし誰も幕上げをしようと思わなければ、シテが舞台から帰ってきても幕は上がりません。皆が遅くに楽屋入りすれば準備に支障が出るでしょう。

11月11日、私の後輩の今村哲朗氏が能の秘曲「道成寺」を無事に勤めました。この日は彼が主催ですので、舞台の事以外にも、例えば弁当の準備やチケットの手配、会場費の支払いや終了後の懇親会の世話などあらゆる事をしないといけません。

私は少しでも彼の手助けになればと早くに楽屋入りするつもりでしたが別の用事でどうしても遅くなり1時間前に楽屋入り。しかしその時点で若手のほとんどはもう出勤しているのです。「早目に楽屋入ろうね」と打合せはしてないのに。そして皆が哲朗君の為に、自分ができる仕事をこなし、「哲朗君をゆっくりさせてやろう」「なるべく舞台に集中できるようにしてあげよう」という周りの思いがそこにはありました。

各々が自分の役割を心得て、仕事を取り合う事もなく、さぼる事もなく。役割を予め決めていないのに、仕事がスッと進んでいく。ハプニングがあっても、誰かが対応策を講じ、皆で対処していく。

お客様には伝わらない事かもしれませんが、そのように楽屋が役者を舞台に送り出す「構え」がしっかりしているからこそ、舞台をしっかり勤められる。

「道成寺」の装束着付けが始まった時、楽屋の中から人が知らぬ間にいなくなり、最低限の人数のみ。沢山人がいると、主役が集中できない為、そして「道成寺」を勤めた者以外は楽屋に入る事は許されない為です。勿論誰が楽屋に残って、誰が立ち去るか、打合せはありませんでしたが、自然にそうなりました。

写真は「道成寺」終了後の懇親会にて。哲朗君と、舞台に楽屋に頑張った若手達。

能の楽屋は「不思議」な世界です。

若手能、ありがとうございました!

先日1月21日、大槻能楽堂にて若手能大阪公演、つつがなく会を終えることができました。

随分寒い一日でしたが、御越しくださいました皆様、ありがとうございました。

40歳までを「若手」とし、そのメンバーで構成され(もちろん、先輩方にも助演をお願いしております)、運営も全て若手が担当させていただいております。

思えば1年前から動きは始まりました。若手能委員会が結成され、私もその一員として活動いたしました。委員長・善竹隆平氏を中心とし、チラシの作成・広報・出演者依頼や様々な連絡、そして今回は私たちだけで稽古会も実施、なるべくお客様の視点に立って会当日の運営も行いました。もちろん多々至らない点もございましたが、本当に良い経験をさせていただきました。

せっかく若手に任せていただいてますので、若手ならではのことをしたいと皆が考えました。これまで歴代続きましたこの若手能は、その代その代の若手達が色んな趣向を凝らしながら勤めてまいりました。

今回は、様々な若手能ならではの活動の中で、特に皆様のお手元にお届けする「番組」に注目しました。

能のプログラムの事を「番組」といいます。能の一曲二曲は、「一番二番」と呼ばれ、その一番一番の組み合わせですので「番組」と呼ばれます。

能の番組は、昔よりも形式にこだわらず随分見やすいものになりました。それでも更に皆様に親しみやすいものにするために、私たちが考えたことは「能を知らない方に能の番組を作っていただく」事でした。

主に家族の写真を撮られて精力的に活動されてるカメラマンの福井小百合さん、そしてまた大阪で独立し活躍されてるデザイナー大矢礼子さんにご相談し、今回のパンフレットができあがりました。(皆様見ていただけましたでしょうか?)

お二人とも本当に手探りながら協力して下さり、実際に能の会の催しの楽屋も見学されました。お二人にとっては大変な作業だったと思います。

このように、私たち能楽師だけでなく、その周りの方々のお力をお借りして会はようやく成り立ちます。それは私が《道成寺》を勤めた時にも感じたことでした。

「たくさんの人がいて、今の能楽師としての私がいる」若手能で勉強した、とても大切なことです。

写真は、会を終えた後、右から若手能委員長の善竹隆平氏、福井小百合氏(実は高校の同級生!)、大矢礼子氏、そして《鵜飼》主役を勤めた直後の私です。偶然にもこの4人、同世代です。

本当に皆様、ありがとうございました。

「道成寺」ありがとうございました。

7年前の独立披露の会の日は雨。歴史ある大阪薪能で主役を頂戴したときは小雨。地元の大正区で催しを始めて開催した時も雨。

節目の舞台ことごとく雨だった私が、10月30日「道成寺」の日、朝6時半カーテンを開けると明るい空。ようやくお天道様も認めて下さったようです。

満席で立ち見も出るほど多くの皆様にお越しくださいました「山本眞義17回忌追善能」にて、大曲「道成寺」つとめさせていただきました。沢山の方々にご声援いただき、そのお声を糧にエネルギーにして、勿論まだまだ未熟ではございますが怪我なく終えることができました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

振り返りますと一年前からずっと「道成寺」の事ばかり考えていました。

故山本眞義師が、17回忌という節目にこの機会を与えていただいた事が始まりです。

観世二十六世宗家にお許しをいただき、本番は勿論2回の申合せ(リハーサルの意味)にも東京からわざわざお越しくださいました事。そして山本章弘師に会の運営などご指導下さり、お稽古していただきました事。師匠奥様始め山本能楽堂の事務所の皆様にも手伝っていただきました事。

ご祈祷そして温かいお言葉をいただきました道成寺ご住職。チラシやパンフレットの原稿を一生懸命作ってくれた親友。ラジオに出演させてくださった桂春蝶さん。沢山の方に案内を広めて下さった社中の皆様。何も言わずお参りに行ってくれた後輩。電話やメールでいつも励ましてくれた友人たち。忙しいだろうからといつものお酒の誘いを何も言わずに減らして下さった先輩。風呂敷を手作りでプレゼントしてくれた後輩。稽古で見落としがちな部分を楽屋でこっそり丁寧に教えて下さった大先輩。当日舞台に出っ放しで疲れているのにずっと私の装束付けに傍にいてくれた同期。海外からも嬉しいメッセージをくれた後輩。鐘を丁寧に作って下さった先輩たち。会終了後の懇親会を私の目の届かない所を指揮して下さった大先輩。

そして私の道成寺を自分の事のように喜んでくれた家族。「道成寺」を楽しんで、または心配して、興奮して、涙流してご覧下さいましたお客様おひとりおひとり。

舞台は決して一人でできるものではない。目に見えるところは勿論、気が付かない内に自分の体重をこっそり支えて下さってる方がいる。

「道成寺」を終えた直後、私が思った事は「この経験を、この嬉しさを、このしんどさを、この興奮を、この技術を、この感動を、次にこの大曲を演じる後輩にどうやって伝えよう」

今度は私が後輩の体を支える番なのです。

会数日前、私の事をいつも気にかけてくださる東京の重鎮であり、先日人間国宝になられました野村四郎先生より、お祝いの色紙を頂戴しました。

「是非初心不可忘」

これまでの稽古の積み重ね、経験の積み重ねがこれからの能楽師人生の糧になることは間違いありません。しかしこれからが能楽師「林本大」の本当の始まり。いつまでも若手のつもりで先輩にぶら下がるような事は卒業せねばなりません。年相応の芸を身に付ける事は本当に大変な事だと思います。常に自分の体の中を入れ替えていく事を忘れないで、前に前に向かっていきたい、そんな役者になれるよう精一杯勤めてまいります。

本当に皆様ありがとうございました。深く御礼申し上げます。

写真は、四郎先生から頂戴した色紙、大学の後輩が作ってくれた風呂敷、そして鐘の中に入れた道成寺のお守り。

完売御礼!

かねてより皆様にご案内させていただいておりました、10月30日(日)山本眞義追善能は、おかげさまをもちましてチケットすべて完売致しました。沢山の方々にお声を掛けてくださり、ご支援いただきました。心より御礼申し上げます。

皆様のご期待にお応えできますよう、精一杯「道成寺」勤めさせていただきます。

また今回の公演に際し、ラジオや新聞など、各メディアに取り上げていただきました。その中から、10月5日大阪日日新聞様に記事を掲載して下さいましたものをご紹介します。

記者会見では師匠・山本章弘師と共に同席させていただきました。複数社お越し下さいまして緊張した中進行しましたが、途中章弘師が学生当時の私の様子などを話して下さいました。その中には本人の私が忘れているような話もありました。

能楽部の夏合宿で早起きし猫と遊んでいたこと、いつも自転車で能の会を観に来ていたこと、お金がないけど見に行きたい時は、わざと先生のおカバンお持ちして付き人のふりして楽屋に入った事……。

和やかな雰囲気に包まれて記者会見は終わりました。

道成寺へお参り

先刻よりご案内申し上げております通り、10月30日(日)「山本眞義追善能」にて、能の大曲・秘曲であります《道成寺》を勤めさせていただきます。

8月31日、丸1日空けて、和歌山県の道成寺にお参りに行って参りました。大阪から電車で2時間以上かかるのですが、久しぶりの旅行気分と、やはり厳粛な気持ちも交錯しながら、昼過ぎに「道成寺駅」下車。参道に並ぶお土産屋も、するべきことを先にしなければと思い、釣り鐘饅頭食べたいのも我慢して。

道成寺の門にたちはだかる長い階段。能《道成寺》の中の「乱拍子」では、この長い階段を蛇体が登っている様だとか。今回はそれも意識しながら少しゆっくりと登りました。

ご住職にお目にかかり、ご祈祷をお願いしようと思った矢先の事。

「随分以前に、山本先生とお越し下さいましたね」とご住職。

……びっくりしました。そうです。実は私、まだ内弟子中の10年前に師匠のお伴で道成寺に伺った事があったのです。その時は師匠が《道成寺》のシテをお勤めなられる時でしたので、ご祈祷の場は師匠のみ。私は境内の目立たないところに控えておりました。もちろんご住職とはほとんど会話しませんでしたが、なんとその時の様子をご住職は覚えて下さっていたのです!

「あの時は議員秘書さんのようにずっと立っておられましたね。あの時のお姿が印象的でした。あの時はお構いできず失礼しました。」と仰っていただきました。

「あの時お付きで来られてた林本さんが今度はシテをされるのですね。よろこんで、つつしんで、ご祈祷申し上げます。」……そのお言葉に胸がいっぱいになりました。

道成寺のご本尊は千手観世音菩薩。文字通り千本もの手をお持ちです。手をかえ品をかえてそのたくさんの手が我々を守って下さる。

「能の《道成寺》もその手の内の一つのような気がするのです」とご住職がお話しくださいました。能の《道成寺》を勤める事がお客様と仏様の架け橋になる、そのような気持ちで舞台に臨んでいただきたい……なんとも高いハードルまで頂戴しました。

ご祈祷が済んだ後も、しばらくお寺にとどまり、ゆっくりと時を過ごしました。

先日のラジオ出演の桂春蝶さんや、道成寺のご住職。《道成寺》を勤めさせていただくにあたり、かようにたくさんの方から見守られている。

《道成寺》を勤めるにあたり師匠が下さいましたお言葉、「先生方や先輩方、そして多くの皆さんが大きな風呂敷を広げてくれている。君はその真ん中に降りてくればそれでいいんだよ」その意味を少しずつ実感する、そのような1日でした。

大曲「道成寺」をつとめさせていただきます。

来る十月三十日(日)大槻能楽堂におきまして、「故山本眞義十七回忌追善能」を催させていただく事となり、私が能の名曲であり大曲である「道成寺」のシテ(主役)を勤めさせていただく事となりましたので、ご案内申し上げます。

能楽の家に育たなかった私が、大学のクラブで山本章弘師に出会い、能楽の道を志し、故山本眞義師の元に入門しました。芸の事は勿論、お茶の出し方や手紙の書き方、能役者として、社会人としてどのように生きていくべきかという、およそ学校では教わらない事を沢山教わり、十年間の内弟子修行を経て平成二十一年に独立を許されました。独立の後もたくさんの皆様に支えられながら舞台を多数勤めてまいりました。

「道成寺」は、舞台に登場する前の幕の中、お客様からまだ見えないところでも既に演技が始まり、登場の仕方も非常に難しい「習の次第」、女の不気味な様を謡で表現する「道行」、大鼓一人だけの演奏に合わせ遠くから鐘を見上げる「執心の目附」、この曲の最骨頂ともいうべき、小鼓との一騎打ちである「乱拍子」、その長い緊張状態が爆発をする「急の舞」から、失敗すると命にもかかわる「鐘入り」。鐘の中でも口伝により、真っ暗な中で衣装の着替えをし、鬼女に姿を変えます。そして僧侶達との激しい戦いである「祈り」……。色々な見せ所がございますが、その分たくさんの決まり事をこなし、「道成寺」を勤めなければいけません。

先日家元より、「沢山の決まり事を、教わった通りにする事が大事なのだよ。上手に舞おうなんて思ってはダメですよ。」とお言葉を頂戴しました。師匠から教わった事をそのまま演じる。これこそが「伝承」なのだと感じています。

能役者の卒業論文と言われる「道成寺」を、観世流家元のお許しを得まして、演じさせていただく運びとなりました。その他観世流御宗家・観世清和師に御来演下さり舞囃子「海士」を、山本章弘師が老女物の難曲「卒都婆小町」を、他にも大変豪華なキャストとなっております。このような会で大曲を勤めさせていただく事、身の引き締まる思いですが、精一杯演じる覚悟でおります。

これまでの私の能楽人生を支えてくださいました皆様に、是非ともお越しいただきたいと思っております。「道成寺」をご覧いただき、修行の成果をご披露できればという気持ちです。

ご多忙の折恐縮ではございますが、是非お越し下さり御高覧賜りますようお願い申し上げます。お申し込みはdainokai.comのチケット申し込みページのほか、お電話などでも受け付けております。

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺