道成寺へお参り

先刻よりご案内申し上げております通り、10月30日(日)「山本眞義追善能」にて、能の大曲・秘曲であります《道成寺》を勤めさせていただきます。

8月31日、丸1日空けて、和歌山県の道成寺にお参りに行って参りました。大阪から電車で2時間以上かかるのですが、久しぶりの旅行気分と、やはり厳粛な気持ちも交錯しながら、昼過ぎに「道成寺駅」下車。参道に並ぶお土産屋も、するべきことを先にしなければと思い、釣り鐘饅頭食べたいのも我慢して。

道成寺の門にたちはだかる長い階段。能《道成寺》の中の「乱拍子」では、この長い階段を蛇体が登っている様だとか。今回はそれも意識しながら少しゆっくりと登りました。

ご住職にお目にかかり、ご祈祷をお願いしようと思った矢先の事。

「随分以前に、山本先生とお越し下さいましたね」とご住職。

……びっくりしました。そうです。実は私、まだ内弟子中の10年前に師匠のお伴で道成寺に伺った事があったのです。その時は師匠が《道成寺》のシテをお勤めなられる時でしたので、ご祈祷の場は師匠のみ。私は境内の目立たないところに控えておりました。もちろんご住職とはほとんど会話しませんでしたが、なんとその時の様子をご住職は覚えて下さっていたのです!

「あの時は議員秘書さんのようにずっと立っておられましたね。あの時のお姿が印象的でした。あの時はお構いできず失礼しました。」と仰っていただきました。

「あの時お付きで来られてた林本さんが今度はシテをされるのですね。よろこんで、つつしんで、ご祈祷申し上げます。」……そのお言葉に胸がいっぱいになりました。

道成寺のご本尊は千手観世音菩薩。文字通り千本もの手をお持ちです。手をかえ品をかえてそのたくさんの手が我々を守って下さる。

「能の《道成寺》もその手の内の一つのような気がするのです」とご住職がお話しくださいました。能の《道成寺》を勤める事がお客様と仏様の架け橋になる、そのような気持ちで舞台に臨んでいただきたい……なんとも高いハードルまで頂戴しました。

ご祈祷が済んだ後も、しばらくお寺にとどまり、ゆっくりと時を過ごしました。

先日のラジオ出演の桂春蝶さんや、道成寺のご住職。《道成寺》を勤めさせていただくにあたり、かようにたくさんの方から見守られている。

《道成寺》を勤めるにあたり師匠が下さいましたお言葉、「先生方や先輩方、そして多くの皆さんが大きな風呂敷を広げてくれている。君はその真ん中に降りてくればそれでいいんだよ」その意味を少しずつ実感する、そのような1日でした。

ラジオ出演しました!

ご縁を頂戴しまして、8月30日(火)午前11時頃、ラジオ関西「桂春蝶のバタフライエフェクト」に出演させていただきました。

落語家の桂春蝶さんとは、私が内弟子時代からお付き合いさせていただいております。

山本能楽堂で「上方伝統芸能ナイト」という催しがあり、能狂言以外にも、落語や講談、文楽や浪曲など幅広く伝統芸能を紹介する会で、始まってもう10年程になります。そちらにご出演いただいたのが桂春菜さん、後の桂春蝶さんです。

私の内弟子時代の頃、楽屋を走り回っている様子をよく知っておられる桂春蝶さん。今回の私の「道成寺」公演を大変喜んでくださいました。能「道成寺」の主役を勤めるということは、いわば「能楽師が能楽師として認めてもらえる試験」のようなもの。この大きな舞台に立たせていただく事を春蝶さんが知って下さり、すぐに私にご連絡いただきました。

「僕のやってるラジオにご出演していただけませんか?道成寺の事お聞きしたいです!」

…久しぶりの、そして突然の春蝶さんのメッセージに驚きました。

昔から、さほどよく話をしたという事はありませんでしたが、少し離れたところから温かく私を見守っていただきました。楽屋ではとても楽しく話をされるのに、いざ舞台となると急に眼が光る。いつも的確にご指摘をされ、また春蝶さん自身のお弟子さんへのまなざしは、厳しくも温かい、落語への姿勢、引いては今のこの国への憂い、そしてすぐそばにいる弟子への思い…。非常に視野を広くお持ちになられ、私も学ばせていただくところは多々ありました。

私が独立をし、地元の大正区で催しをすることになった時、私は舞台というものに意識の深いこの方に是非お越しいただきたいと、厚かましくも能の公演の司会に、出演を依頼させていただきましたら、快くお引き受けくださいました。それから5年間、続いてお越し頂きましたことは、今でも深く感謝いたしております。

しかしながら、どんどん落語界でビッグになっていかれる春蝶さん。お話しする機会も減り、少し寂しい思いもしながら、影ながら応援させていただいておりました。実は、こっそり落語会を拝見に伺ったこともありました。

その春蝶さんからのお誘い!本当に嬉しく思いました。

ただ、その久しぶりの春蝶さんとの会話が、広く世間に流れている!私はガチガチで当日を迎えました(その時の様子がこの写真です。私、ガチガチでしょう!?)。
上手く話せたかどうか分かりませんが、憧れの春蝶さんと少しでも時間を共有できたこと、とてもうれしく思います。そしてこの機会を作って下さったラジオ関西のスタッフの皆様、ありがとうございました。

私が「道成寺」を初演させていただくということで、たくさんの皆様が動いてくださっている。この事を胸にしっかり抱いて、命がけでつとめさせていただきます。

呼子子ども能教室の様子がテレビに出ます。

佐賀県唐津のケーブルテレビ「ぴ~ぷる放送」より、私が主宰しております「呼子こども能教室」の取材のお申し込みを受け、先日お稽古場の撮影がございました。

どのような質問をいただいてもきちんとお答えできるようにしよう!と意気込んでおりましたら、なんと、インタビュアーは、私が日頃教えているこどもたち!

実際にこども教室を体験している生徒さんによる、お稽古場の紹介ということで、ナレーションもこども達が担当しました。

私も少しだけインタビューしていただきましたが、私の事よりも心配なのは、撮影に慣れていないこども達の事。緊張しながらも精一杯つとめていました。

お稽古している様子を、こども達のナレーションで撮影。残念ながら地域の方しかご覧になれませんが、小さくも爽やかな勇姿達を是非ご覧ください。

彼らは今、来年3月5日の発表会に向けて一生懸命取り組んでいます。

大曲「道成寺」をつとめさせていただきます。

来る十月三十日(日)大槻能楽堂におきまして、「故山本眞義十七回忌追善能」を催させていただく事となり、私が能の名曲であり大曲である「道成寺」のシテ(主役)を勤めさせていただく事となりましたので、ご案内申し上げます。

能楽の家に育たなかった私が、大学のクラブで山本章弘師に出会い、能楽の道を志し、故山本眞義師の元に入門しました。芸の事は勿論、お茶の出し方や手紙の書き方、能役者として、社会人としてどのように生きていくべきかという、およそ学校では教わらない事を沢山教わり、十年間の内弟子修行を経て平成二十一年に独立を許されました。独立の後もたくさんの皆様に支えられながら舞台を多数勤めてまいりました。

「道成寺」は、舞台に登場する前の幕の中、お客様からまだ見えないところでも既に演技が始まり、登場の仕方も非常に難しい「習の次第」、女の不気味な様を謡で表現する「道行」、大鼓一人だけの演奏に合わせ遠くから鐘を見上げる「執心の目附」、この曲の最骨頂ともいうべき、小鼓との一騎打ちである「乱拍子」、その長い緊張状態が爆発をする「急の舞」から、失敗すると命にもかかわる「鐘入り」。鐘の中でも口伝により、真っ暗な中で衣装の着替えをし、鬼女に姿を変えます。そして僧侶達との激しい戦いである「祈り」……。色々な見せ所がございますが、その分たくさんの決まり事をこなし、「道成寺」を勤めなければいけません。

先日家元より、「沢山の決まり事を、教わった通りにする事が大事なのだよ。上手に舞おうなんて思ってはダメですよ。」とお言葉を頂戴しました。師匠から教わった事をそのまま演じる。これこそが「伝承」なのだと感じています。

能役者の卒業論文と言われる「道成寺」を、観世流家元のお許しを得まして、演じさせていただく運びとなりました。その他観世流御宗家・観世清和師に御来演下さり舞囃子「海士」を、山本章弘師が老女物の難曲「卒都婆小町」を、他にも大変豪華なキャストとなっております。このような会で大曲を勤めさせていただく事、身の引き締まる思いですが、精一杯演じる覚悟でおります。

これまでの私の能楽人生を支えてくださいました皆様に、是非ともお越しいただきたいと思っております。「道成寺」をご覧いただき、修行の成果をご披露できればという気持ちです。

ご多忙の折恐縮ではございますが、是非お越し下さり御高覧賜りますようお願い申し上げます。お申し込みはdainokai.comのチケット申し込みページのほか、お電話などでも受け付けております。

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

山本真義十七回忌追善能 道成寺

佐賀県唐津にて講座開催します!

佐賀県唐津にて、合計4回の講座を引き受けさせていただく事になりました。

唐津市男女共同参画推進市民提案事業として、「佐賀県翼の会 唐津・東松浦支部」の方々よりご依頼いただきました。

伝統文化といいますと、「男の世界」とよく思われます。確かにそのような面もあるのですが、女性能楽師も現在各地でご活躍されてます。

今回は、男女共同参画の事業という事ですので、能の角度から観た男女の世界について、色々と楽しいお話をさせていただきたいと考えています。

講義ばかりでなく、お越しの皆様には能の体験もございます。

1回のみの参加も大丈夫です。ご都合よければ是非お越しください。お待ち申し上げております。

能×現代演劇「紡ぎ歌~鬼こもれりと聞くはまことか~」

来る7月18日(月・祝)に、大阪・山本能楽堂におきまして、新しい試みが行われます。

能の曲に、「安達原(黒塚)」という名曲があります。能のみならず歌舞伎など他の芸能にも影響を与えています。鬼女として生まれた悲しみ、今まで犯してきた罪を悔いて山伏にその思いを告げるのだが・・・その物語の真意は。

今回は、関西を代表する劇作家、林慎一郎氏と共に、この曲を作り上げます。つまり、現代演劇と能で「安達原」の世界を表現します。

能「安達原」前半、秋のしみじみした風情の中、糸繰りの仕事をしながら我が身を嘆く場面を現代劇で、山伏に裏切られた女のこみ上げる怒りを能で演じます。

林氏と私は同い年でした。何度も面会をし打合せを重ねて本番に挑戦します。今回は能の形、表現を変えるというよりも、林さんが能の意図を理解してくださり、現代劇がこちらに歩み寄って下さる演出になりそうです。

能×現代演劇「紡ぎ歌~鬼こもれりと聞くはまことか~」

日 時:7月18日(月・祝)14時開演(13時30分開場)

於 :山本能楽堂(大阪市中央区徳井町1-3-6)

入場料:一般前売券3,000円(当日券4,000円)

問合先・申込先:山本能楽堂 06-6943-9454

主な出演者:≪現代劇≫石川郁子・後藤七重・中道裕子・向田倫子・峯素子

≪能≫林本 大・原  大・善竹忠亮 他

このホームページからもお申込み下さい。

 

「葵上」つとめさせていただきました!

6月4日、大阪・山本能楽堂にて能「葵上」シテ(主役)勤めさせていただきましたので、ご報告申し上げます。

この曲は源氏物語を題材にし、六条御息所というと高貴な女性の嫉妬を描いた物語。この曲に取り組むにあたり、文章をしっかり読み、勉強してから稽古をし、何度も反復しましたが、当日の舞台は反省も多々ございました。

前半は謡中心で進行していきますが、その謡で女性の躁鬱の様なものを表現しなければなりません。節付けを見ますと、なるほど「なぜこのような節になっているのか」が分かります。気持ちが昂るときには節も高揚し、沈む心の表現には「クドキ」といわれる節付けで、低く謡われます。大先輩のお言葉を拝借しますと、節付けを理解せずに勤めることは、「この曲の作者に失礼」であるということ。

そして後半は、「般若」と呼ばれる「鬼女」の能面を使用します。角が生え、髪の毛も乱れ、牙をむき、いかにも怒りが爆発した表情ですが、目元の辺りが悲しみの一面を持っています。ただ怒りにまかせて舞うというわけにもいきません。

「葵上」におきましては身分の高い女性ですから、「般若」を着用していても、「品よく舞う」事が肝要です。ちなみに、同じく般若を使用する「安達原」は「強く舞う」、大曲「道成寺」は「〇〇く舞う」(※やはり秘曲ですので、一応伏せさせていただきます)、という様に教わっています。

今回も大変勉強させていただきました。そして、また改めましてご案内申し上げますが、私が10月に秘曲中の秘曲であります「道成寺」を勤めさせていただくことになりました。この曲に挑戦するためのステップアップの曲としましても、非常に良い経験をさせていただきました。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

能活 第2弾

能を全くご存じでない方、少し興味のある方、さらに奥深く知りたい方……。いろんな方に、休日の朝に学べる能のワークショップ、「能活」のご案内です。

能には200曲程の色んな曲がございます。その中から1日1曲を取り上げ、その世界に触れながら、能のエッセンスを感じていただきます。1時間ほどのワークショップで、当日参加も可能です。

“能活 第2弾”の続きを読む

6月4日(土)たにまち能で能《葵上》

長らく更新せず申し訳ございませんでした。

今回は、来る6月4日(土)大阪の山本能楽堂にて行われます「たにまち能」にて、能の人気曲の一つ、「葵上」を演じさせていただくことになりましたので、ご案内申し上げます。

“6月4日(土)たにまち能で能《葵上》”の続きを読む