板につく

先日、とある団体様対象に講座をさせていただきました。その後、その団体の方から、「先日の講座の内容、特にすり足の事を会報に掲載したいです」と依頼が。

夜中に、ない頭をしぼり考えました。せっかく苦労して生み出した文章ですので、ここにも転載させていただきます。

「板につく」

文字通り、すり足が舞台の床にくっついているかのような様から、技が熟練している事を表した言葉です。

能の舞の基本はこの「すり足」にあり、この足の運びであらゆる感情が表現されなければなりません。

舞の見せ所は、勿論時には華やかな、そして豪快な動きが魅力的ではありますが、その奥には、きちんとした「構え」が存在します。

動いていない「静」の状態がすでに何かを訴えかけているかのような説得力があるのです。
例えて言うならば、時速100キロ分のアクセルを踏みながら、同じだけのブレーキを踏んで止まっている状態で我々は構えを行っています。

その状態で静止しているからこそ、ようやく1足動き出すと世界が広がると申しますか、空間が動くのです。2足後ろに下がれば気持ちが内にこもったり、逆に2足ワキに向かって動けば、攻撃的に気持ちが外に向かっていきます。能の動きのその神秘を楽しむには、まずは「動いていない」その体を理解しないといけないように思います。

そうしてやっと動き出したその体や足で、例えば長年沢山の風雪に耐え抜いてきた老木の精の今までの人生を背負って、目付柱までまっすぐ歩いていく。例えばある女に恨みを持つ妻がその恨みを晴らさんと夜中にひたひたと貴船神社まで歩んでいく。

お客様にすれば、「歩みだけで表現をする」事への物足りなさがあろうかとは思いますが、能の舞の基本はそこにあり、我々はそこを怠って修行してしまってはどうしようもありません。

能の構えは「武士道」の影響を多分に受けていると言われています。

「神事」として始まった能楽は、いつの間にか、武士のたしなみになり、様々な名だたる武将が能を鑑賞し、または演技をします。豊臣秀吉は「能に暇なく候」と奥さんに手紙を送ったり、徳川家康は遺言に「能だけは絶やしてはならない」と残しています。

「武士は食わねど高楊枝」という言葉がありますが、能の動きもその言葉に表されるかもしれません。ぐっと息を詰めて、静止をするのですが、眼を血走らせて、歯を食いしばって青筋立てている所をお客様に見ていただくわけではありません。

「こんなに力入れてますよ、こんなに頑張ってますよ」という部分を内に秘めて、何事もなかったかのようにすっと立っている。若い時にはどうしてもそれが表面に出てしまうのですが、熟練すると、そういう「余分なもの」が消えていくものだと思います。

とにかく、お客様にとってはおそらく「不親切な表現」であることは間違いありません。

普段の演劇ならば、目の前に欲しい物があった場合、眼をギラギラさせて手を出しもがいているような演技をするはずですが、能の場合はその思いを自分の胸の内に込めて、ただその物の前でずっと座っている。

それこそが能の表現であり、だからこそ、お客様が各々で想像を膨らませる「余白」の部分が生まれます。

是非皆様、「余白」を楽しみに能楽堂にいらしてください。

観世流能楽師 林本大

写真は8月、「DOORS」という講座にて、すり足の解説を行った時の写真です。能を説明する時にはこの「すり足」は非常に重要なポイントです。

数年に一度の写真?!

いつも「大の会」ホームページご覧くださいましてありがとうございます。

能の世界、能楽師は「分業」。能の役者は、それぞれシテ方(主役、ツレやトモの役、地謡、後見)、ワキ方(いわゆる脇役)、囃子方(笛、小鼓、大鼓、太鼓)、狂言方という4つのパートに分かれます。

私はシテ方です。私がワキ方に移行したり、囃子方を勤めたりすることはありません。小鼓を演奏する演者はずっと、一生小鼓を打ち続けていくのです。

「焼き鳥屋」「たこ焼き屋」「寿司屋」のように、日本は一つの分野を集中して、一生かけて、取り組んでいく精神性を持っているように思います。一つの事のみを必死に作業して、その分野のレベルアップをはかっていく。能の世界も、自分が与えられた事のみを生涯かけて稽古修練し、舞台ではそうしてきた皆がぶつかり合う。そうしてよりよい舞台が生み出されていくのです。

勿論、修行時代に他の分野の事は必ず勉強します。私も囃子は全てお稽古させていただきました。その上で、そのお稽古した事を踏まえて、自分の「シテ方」という役を勤める糧にするのです。

……と、偉そうな事を書きながら、実は数年に一度位、「乱能(らんのう)」という、自分の担当分野を全て入れ替えて舞台を勤める、お祭りのような催しがあります。例えば普段楽器を演奏する人が狂言をしたり、ワキ方が楽器を演奏したり。

さる6月11日、「山本能楽堂90周年記念能」というおめでたい催しの終了後のお客様も交えた懇親会にて、この乱能(実際には舞囃子のみでしたが)の舞台に参加させていただきました!担当したのは一番苦手な「笛」。

「笛」は修行時代に習いたての時に、笛の講師の先生から、「君の笛は聞いてるとしんどくなるから、次の稽古からは笛持ってこなくていい」と言われた程。

今回久しぶりに笛を吹くに当たり、同期の笛方斉藤敦氏にお願いし、数度お稽古伺いました。

……結果は悲惨な有様でした。音は鳴らない、譜を間違えてしまう。お祭りという事で皆さんには大目に見ていただいたようです。

しかしながら、いつもとは違う場所に座る事で、いつもの私の位置が見えてくる。「ワキの演者はこんな思いで謡ってるのか」「囃子方は私たちのこのような謡をこんな気持ちで演奏しているのか」など。

たまに違う場所に座って、まわりの事をよく知り、そしてまたいつもの場所に戻る。本当に能の世界は不思議で、日本的で、魅力的だと思います。

お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

若手能、ありがとうございました!

先日1月21日、大槻能楽堂にて若手能大阪公演、つつがなく会を終えることができました。

随分寒い一日でしたが、御越しくださいました皆様、ありがとうございました。

40歳までを「若手」とし、そのメンバーで構成され(もちろん、先輩方にも助演をお願いしております)、運営も全て若手が担当させていただいております。

思えば1年前から動きは始まりました。若手能委員会が結成され、私もその一員として活動いたしました。委員長・善竹隆平氏を中心とし、チラシの作成・広報・出演者依頼や様々な連絡、そして今回は私たちだけで稽古会も実施、なるべくお客様の視点に立って会当日の運営も行いました。もちろん多々至らない点もございましたが、本当に良い経験をさせていただきました。

せっかく若手に任せていただいてますので、若手ならではのことをしたいと皆が考えました。これまで歴代続きましたこの若手能は、その代その代の若手達が色んな趣向を凝らしながら勤めてまいりました。

今回は、様々な若手能ならではの活動の中で、特に皆様のお手元にお届けする「番組」に注目しました。

能のプログラムの事を「番組」といいます。能の一曲二曲は、「一番二番」と呼ばれ、その一番一番の組み合わせですので「番組」と呼ばれます。

能の番組は、昔よりも形式にこだわらず随分見やすいものになりました。それでも更に皆様に親しみやすいものにするために、私たちが考えたことは「能を知らない方に能の番組を作っていただく」事でした。

主に家族の写真を撮られて精力的に活動されてるカメラマンの福井小百合さん、そしてまた大阪で独立し活躍されてるデザイナー大矢礼子さんにご相談し、今回のパンフレットができあがりました。(皆様見ていただけましたでしょうか?)

お二人とも本当に手探りながら協力して下さり、実際に能の会の催しの楽屋も見学されました。お二人にとっては大変な作業だったと思います。

このように、私たち能楽師だけでなく、その周りの方々のお力をお借りして会はようやく成り立ちます。それは私が《道成寺》を勤めた時にも感じたことでした。

「たくさんの人がいて、今の能楽師としての私がいる」若手能で勉強した、とても大切なことです。

写真は、会を終えた後、右から若手能委員長の善竹隆平氏、福井小百合氏(実は高校の同級生!)、大矢礼子氏、そして《鵜飼》主役を勤めた直後の私です。偶然にもこの4人、同世代です。

本当に皆様、ありがとうございました。

「道成寺」ありがとうございました。

7年前の独立披露の会の日は雨。歴史ある大阪薪能で主役を頂戴したときは小雨。地元の大正区で催しを始めて開催した時も雨。

節目の舞台ことごとく雨だった私が、10月30日「道成寺」の日、朝6時半カーテンを開けると明るい空。ようやくお天道様も認めて下さったようです。

満席で立ち見も出るほど多くの皆様にお越しくださいました「山本眞義17回忌追善能」にて、大曲「道成寺」つとめさせていただきました。沢山の方々にご声援いただき、そのお声を糧にエネルギーにして、勿論まだまだ未熟ではございますが怪我なく終えることができました。この場をお借りしまして御礼申し上げます。

振り返りますと一年前からずっと「道成寺」の事ばかり考えていました。

故山本眞義師が、17回忌という節目にこの機会を与えていただいた事が始まりです。

観世二十六世宗家にお許しをいただき、本番は勿論2回の申合せ(リハーサルの意味)にも東京からわざわざお越しくださいました事。そして山本章弘師に会の運営などご指導下さり、お稽古していただきました事。師匠奥様始め山本能楽堂の事務所の皆様にも手伝っていただきました事。

ご祈祷そして温かいお言葉をいただきました道成寺ご住職。チラシやパンフレットの原稿を一生懸命作ってくれた親友。ラジオに出演させてくださった桂春蝶さん。沢山の方に案内を広めて下さった社中の皆様。何も言わずお参りに行ってくれた後輩。電話やメールでいつも励ましてくれた友人たち。忙しいだろうからといつものお酒の誘いを何も言わずに減らして下さった先輩。風呂敷を手作りでプレゼントしてくれた後輩。稽古で見落としがちな部分を楽屋でこっそり丁寧に教えて下さった大先輩。当日舞台に出っ放しで疲れているのにずっと私の装束付けに傍にいてくれた同期。海外からも嬉しいメッセージをくれた後輩。鐘を丁寧に作って下さった先輩たち。会終了後の懇親会を私の目の届かない所を指揮して下さった大先輩。

そして私の道成寺を自分の事のように喜んでくれた家族。「道成寺」を楽しんで、または心配して、興奮して、涙流してご覧下さいましたお客様おひとりおひとり。

舞台は決して一人でできるものではない。目に見えるところは勿論、気が付かない内に自分の体重をこっそり支えて下さってる方がいる。

「道成寺」を終えた直後、私が思った事は「この経験を、この嬉しさを、このしんどさを、この興奮を、この技術を、この感動を、次にこの大曲を演じる後輩にどうやって伝えよう」

今度は私が後輩の体を支える番なのです。

会数日前、私の事をいつも気にかけてくださる東京の重鎮であり、先日人間国宝になられました野村四郎先生より、お祝いの色紙を頂戴しました。

「是非初心不可忘」

これまでの稽古の積み重ね、経験の積み重ねがこれからの能楽師人生の糧になることは間違いありません。しかしこれからが能楽師「林本大」の本当の始まり。いつまでも若手のつもりで先輩にぶら下がるような事は卒業せねばなりません。年相応の芸を身に付ける事は本当に大変な事だと思います。常に自分の体の中を入れ替えていく事を忘れないで、前に前に向かっていきたい、そんな役者になれるよう精一杯勤めてまいります。

本当に皆様ありがとうございました。深く御礼申し上げます。

写真は、四郎先生から頂戴した色紙、大学の後輩が作ってくれた風呂敷、そして鐘の中に入れた道成寺のお守り。

男女共同参画を考える能講座

以前もご紹介させていただきましたが、佐賀県唐津市にて、「日本の伝統文化の中で男女共同参画を考える~能楽の世界~」という、全4回の能の講座の講師をさせていただく事になり、先日第1回目が行われました。

普段講演会など様々な企画をされておられます「佐賀県翼の会 唐津・東松浦支部」の皆様からご依頼をいただき、日程も私の予定に合わせて下さいました。

「男女共同参画」を考えるという事が今回の内容ですので、能の世界での「男と女」に触れて毎回お話をしていこうと考えています。それは能の話の中に登場する、「恋愛の中の男女」もそうですが、それ以外の面からもお話しできればと思っています。

例えば、能「海士(あま)」に出てくる龍女。これは追善の供養を受けた母の霊が子どもの前に現れるのですが、「変成男子(へんじょうなんし)」と言いまして、女性が成仏するためには一度男性にならないといけない、そして男性になるためには龍に変身をするというもの。自分の母があの世で龍女になっていると思うとびっくりしますが、女性からすると、「なんで女性が成仏できないの?!」とお怒りになるのもごもっとも。

能は昔の形を変えずに続けていますので、現代に合わないものでもそのまま残っています。

昔の日本人の感覚にそのまま触れることで、参加の皆様に、現代と照らし合わせて「男女共同参画」について考えるきっかけになればと思います。

先日名護屋の茶苑「海月」にて行われました第1回、とても楽しい翼の会の方々にセッティングしていただき、またお客様もとても真剣に、時には楽しく私の話に接してくださいました。

写真は翼の会メンバーの方々と。残りの3回は唐津市北城内「埋門ノ館」にて行います。毎回講座の最後に謡のお稽古もございます。

お時間よければ皆様是非お越しください。

唐KARAコンサートと呼子100人×能楽師4人in西念寺

去る7月11日は、私にとって大変思い出深い一日になりました。

まず、佐賀県唐津にある多久島舞台にて「唐KARAコンサート」を行いました。

この催しは、唐津に縁のある能楽師二人、私林本大(私は唐津で生まれました)と、多久島法子さんが企画運営を行い、「唐津から文化を発信する」ということで、「唐津から」→「からから」と名付けたコンサートです。

“唐KARAコンサートと呼子100人×能楽師4人in西念寺” の続きを読む

市岡高校鑑賞能で解説を担当

6月17日、大阪・大槻能楽堂にて「市岡高校鑑賞能」がありました。3年生の皆様に狂言《萩大名》と能《羽衣》を観ていただきました。

私は解説を担当。能舞台の仕組みや能の歴史を説明しました。

では何故私が今回の鑑賞会の解説をすることになったのか?それは、私がこの市岡高校出身だからなのです。この会を指揮してらっしゃる能楽師、佐野和之氏のお取り計らいで後輩の前にてお話しをさせていただくことになりました。この鑑賞会も歴史が長いそうです。

“市岡高校鑑賞能で解説を担当” の続きを読む

能《蝉丸》の蝉丸の役をつとめさせていただきました

6月6日山本能楽堂にて大役を勤めさせていただきました。能《蝉丸》の蝉丸の役です。

能の曲のネーミングは少し不思議な所があります。《蝉丸》という曲名を聞くと、皆様は大抵「蝉丸が主役なのだな」と思われるかもしれません。『ドラえもん』はドラえもんが主役ですし、『クレヨンしんちゃん』はしんのすけが主役ですね。

“能《蝉丸》の蝉丸の役をつとめさせていただきました” の続きを読む

能《善界》をつとめました

4月4日大阪・山本能楽堂にて「たにまち能」という催しがあり、私は能《善界(ぜがい)》のシテ(主役)を勤めさせていただきました。当日は天気予報では雨でしたが幸いにも空がずっと我慢してくれたのか、傘を使わない一日でした。

《善界》は中国の話。唐の時代、高慢な者をみんな天狗道に引きずり込む天狗の首領・善界坊が、今度は日本の仏教界を脅かし魔道に誘い込もうとしますが、比叡山の高僧の法力に打ち負かされるという内容です。

“能《善界》をつとめました” の続きを読む

3日間、山口県内各地で公演

またまたその翌日、今度は山口県に移動して3日間山口県内各地で公演を行いました。

まず山口初日(30日)、美祢市の公民館にて初心者向けの能のワークショップ。50名様程お越しくださり、学生さんも参加され楽しく終える事ができました。終了後光市に移動。

“3日間、山口県内各地で公演” の続きを読む

呼子子ども教室発表会

唐KARAコンサートの翌日は、私が指導しております佐賀県呼子の子ども教室の子ども達の発表会が呼子公民館にて行われました。

この教室は私が修行を終え独立させていただきました年に発足しましたので、もう7年続いています。最近は参加人数も随分減って寂しくなりましたが、公民館館長さんにお願いし、発表会だけはプロの能楽師にお越しいただききちんとさせていただいています。先日レクチャーをした名護屋小学校の生徒さんも観に来てくれたそうで、嬉しく思いました。

“呼子子ども教室発表会” の続きを読む

唐KARAコンサート ゲストに二胡奏者 西村美和さん

3月28日、毎回満員御礼の「唐KARAコンサート」。佐賀県唐津にて多久島法子さんと定期的に行っております、トーク&ライブイベントです。能楽はもちろん、違うジャンルの方、特に佐賀や福岡でご活躍のゲストの方にご出演いただいております。

“唐KARAコンサート ゲストに二胡奏者 西村美和さん” の続きを読む