男女共同参画を考える能講座

以前もご紹介させていただきましたが、佐賀県唐津市にて、「日本の伝統文化の中で男女共同参画を考える~能楽の世界~」という、全4回の能の講座の講師をさせていただく事になり、先日第1回目が行われました。

普段講演会など様々な企画をされておられます「佐賀県翼の会 唐津・東松浦支部」の皆様からご依頼をいただき、日程も私の予定に合わせて下さいました。

「男女共同参画」を考えるという事が今回の内容ですので、能の世界での「男と女」に触れて毎回お話をしていこうと考えています。それは能の話の中に登場する、「恋愛の中の男女」もそうですが、それ以外の面からもお話しできればと思っています。

例えば、能「海士(あま)」に出てくる龍女。これは追善の供養を受けた母の霊が子どもの前に現れるのですが、「変成男子(へんじょうなんし)」と言いまして、女性が成仏するためには一度男性にならないといけない、そして男性になるためには龍に変身をするというもの。自分の母があの世で龍女になっていると思うとびっくりしますが、女性からすると、「なんで女性が成仏できないの?!」とお怒りになるのもごもっとも。

能は昔の形を変えずに続けていますので、現代に合わないものでもそのまま残っています。

昔の日本人の感覚にそのまま触れることで、参加の皆様に、現代と照らし合わせて「男女共同参画」について考えるきっかけになればと思います。

先日名護屋の茶苑「海月」にて行われました第1回、とても楽しい翼の会の方々にセッティングしていただき、またお客様もとても真剣に、時には楽しく私の話に接してくださいました。

写真は翼の会メンバーの方々と。残りの3回は唐津市北城内「埋門ノ館」にて行います。毎回講座の最後に謡のお稽古もございます。

お時間よければ皆様是非お越しください。

あと2回「能活」!

「能活」について、少しお話しをさせていただきます。

昨年より始めさせていただきました、「休日の朝に能の勉強をしませんか?!」ということで、山本能楽堂で企画されました能のワークショップ。ありがたくも私が講師を担当させていただくことになり、先輩の前田和子さんと二人でずっと続けています。

「能活」という名前が面白い、新鮮だと皆様から好評で始まりましたが、どんな名前にするかは山本能楽堂のスタッフの方々とたくさん悩みました。

山本能楽堂は初心者の方向けのワークショップをたくさん行ってきました。「能活」は、その初心者の皆様を「中級者」に導けることができたら・・・そんな思いで毎回企画しています。(もちろん初心者のお客様も想定してお話しさせていただいております。)

一辺倒のワークショップにならないよう、実践も交えながら、シテのちょっとした所作や謡にも触れて毎回お話ししています。

例えば前回の「清経」という話では、自殺した平清経のお守りの受取りを拒否したはずの妻が、なぜかそのお守りを袖の中に入れる・・・。そういう不思議にも目を向けてお客様にお伝えします。

また、できるだけたくさんの資料を基にして、この曲のこの場面は、主役はどんな気持ちであるか、またそれがどのような舞台演出となってそれが演じられるのか……あらゆる側面から捉えるように努めます。どのようにしてお能を見ればいいのか、何を楽しめばいいのか、そのヒントになればと考えます。

もちろん、講師である私達は、不勉強だと務まりません。事前にしっかり勉強して当日に臨みます。

しかし、「能活」を始めて最近思うことがあります。私たちも勉強して新たに知ることもあるのですが、それよりもお客様の方がどんどんレベルアップされてらっしゃるように感じるのです。

初めの頃は、「これは説明しても難しいかな」と感じることが、今は「この難しい事を伝えてみよう」と思うようになった事。今は毎回40名様程お越しいただくのですが、そのおよそ半数が常連のお客様。回を重ねる毎に、私たちもお客様も能に対する理解が深まっていくのが手に取るように分かります。

お客様と共に歩んでいる、本当にそんな気が致します。次回の能活も皆様とお目にかかれることが楽しみです。
今クールもあと残すところ2回となりました。皆様是非お越しください。1回のみのご参加も可能です。

能活 今後の予定
10月2日(日)10:30~11:30 第7回「菊慈童の巻」秋を楽しむ~能楽堂で観菊会~
10月23日(日)10:30~11:30 第8回「鉄輪の巻」女が鬼になる時~小道具の力~
会場:山本能楽堂
参加費:1,000円
お申込み:山本能楽堂 06-6943-9454
又は「大の会」ホームページチケット申し込みフォームよりお申し込みください。

道成寺へお参り

先刻よりご案内申し上げております通り、10月30日(日)「山本眞義追善能」にて、能の大曲・秘曲であります《道成寺》を勤めさせていただきます。

8月31日、丸1日空けて、和歌山県の道成寺にお参りに行って参りました。大阪から電車で2時間以上かかるのですが、久しぶりの旅行気分と、やはり厳粛な気持ちも交錯しながら、昼過ぎに「道成寺駅」下車。参道に並ぶお土産屋も、するべきことを先にしなければと思い、釣り鐘饅頭食べたいのも我慢して。

道成寺の門にたちはだかる長い階段。能《道成寺》の中の「乱拍子」では、この長い階段を蛇体が登っている様だとか。今回はそれも意識しながら少しゆっくりと登りました。

ご住職にお目にかかり、ご祈祷をお願いしようと思った矢先の事。

「随分以前に、山本先生とお越し下さいましたね」とご住職。

……びっくりしました。そうです。実は私、まだ内弟子中の10年前に師匠のお伴で道成寺に伺った事があったのです。その時は師匠が《道成寺》のシテをお勤めなられる時でしたので、ご祈祷の場は師匠のみ。私は境内の目立たないところに控えておりました。もちろんご住職とはほとんど会話しませんでしたが、なんとその時の様子をご住職は覚えて下さっていたのです!

「あの時は議員秘書さんのようにずっと立っておられましたね。あの時のお姿が印象的でした。あの時はお構いできず失礼しました。」と仰っていただきました。

「あの時お付きで来られてた林本さんが今度はシテをされるのですね。よろこんで、つつしんで、ご祈祷申し上げます。」……そのお言葉に胸がいっぱいになりました。

道成寺のご本尊は千手観世音菩薩。文字通り千本もの手をお持ちです。手をかえ品をかえてそのたくさんの手が我々を守って下さる。

「能の《道成寺》もその手の内の一つのような気がするのです」とご住職がお話しくださいました。能の《道成寺》を勤める事がお客様と仏様の架け橋になる、そのような気持ちで舞台に臨んでいただきたい……なんとも高いハードルまで頂戴しました。

ご祈祷が済んだ後も、しばらくお寺にとどまり、ゆっくりと時を過ごしました。

先日のラジオ出演の桂春蝶さんや、道成寺のご住職。《道成寺》を勤めさせていただくにあたり、かようにたくさんの方から見守られている。

《道成寺》を勤めるにあたり師匠が下さいましたお言葉、「先生方や先輩方、そして多くの皆さんが大きな風呂敷を広げてくれている。君はその真ん中に降りてくればそれでいいんだよ」その意味を少しずつ実感する、そのような1日でした。