能楽師と学ぶ遠くて近いキモノのお話

私は能楽師という仕事をしてる以上、欠かせないのは勿論「着物」です。

まるでユニフォームであるかのように毎日着ますので、当たり前の存在である着物。

しかし、一般的に見れば和装をする事自体が少なくなっているようです。自分の国の衣装の事を知る事はとても大切な事。着物の生活を送っていたことで生まれた言葉や文化も沢山。私自身も普段素通りしてしまっている着物の不思議、面白さを、いつか勉強したいと考えておりました。

“能楽師と学ぶ遠くて近いキモノのお話”の続きを読む